2012年5月アーカイブ

2012年5月 1日

ある日の休日出勤

だらだらと時系列で思ったことを書き散らかします。
時間とやる気があまりないのと、守秘義務のしばりが強くて
日常の文章を書くハードルが以前より高くなっています。

120501a.jpg

GW休みに、休日出勤しました。

トラブルが発生した場合の待機のための出勤で、
チームメンバは旅行に行くとか実家に帰るとか家族サービスとか、
予定があるメンバがほとんどだったので、
いちばん暇そうな私が出勤しました。

背負っているものが少ないって、身軽ですばらしいね!:-)
でも、気のせいか少し切ないね!XD

朝一番は、泥水のように不味いコーヒーを飲んで 頭を覚ましながらPCを起動すると、 未読メールが80通たまっていました。 土曜日・日曜日の2日不在にしていただけなのに、 どんだけ休日に働いているんだよ! と、心でつっこみを入れながら、 古い時間のメールから順に読んでいきます。

メールでは、プログラムの不具合について職人達が
いろいろな技や人脈を使って問題解決しています。
頼もしいのだけれど、対応した職人以外、問題解決の手段がわかりそうもないのが
気になります。どのトレースログから情報を拾って解決に至ったのかも
さっぱりわからないし、なぜ問題なしと結論づけたのかもわからないし。
意図的な参入障壁なのか、天然の参入障壁なのかわからないです。

自社だったらWikiにノウハウを蓄積して、時間を掛けれさえすれば
新規メンバでも対応できるようにしたいのですが、
職人には他社メンバや個人事業主の方が多く、
利害が一致しないので、解決しなさそう。

30分ぐらいでメールを一通り読み終わりました。 返信が必要なメールはドキュメントやコードのレビュが必要で、 即答できるものがなかったので後回し。

待機の出勤だからといってボーとしているのもなんなので、 1日のやることと優先度をまとめから仕事開始。 TODOリストにレビュ依頼が30件溜まっています。 トドだけに太っています(ダジャレ

私のプロジェクトのポジションは、家系図でいうと、 明治時代くらいに配置されているので、私で作業がスタックすると、 文明開化されずに現代人たちの文明が遅れていきます。

プログラムがそこそこできて、マネージメントもそこそこできて、
役職が高い方々にも理解できる日本語がそこそこできる、
という器用貧乏さが私の強みなので、適所といえば適所なのですが、
40人以上の担当者のプログラムやドキュメントをレビュをしながら、
管理もしながら事業計画もするとか、バランス的におかしいので、
今後、作業内容と作業量をしぼっていきたいところです。

信用できるひとに作業を任せていくことで、一旦現場は卒業したのですが、
任せた人がプレッシャで潰れてしまう問題が何回も発生したので
また復学しています。

チームの皆さんには心身を壊されないように、寄生獣のシンイチのような
鉄のような強さをもってほしいのですが、そもそも人を壊してしまうような
プレッシャがある環境がおかしいです。

人が何かをすれば失敗はつきものですが、
失敗に対する原因を人に追求する傾向が多く、
人をつぶしてしまう環境になっています。
大企業病ってやつでしょうか。

往年の名曲の「ファイト」でも
戦うものを戦わないものが笑うと謡われているので、
世の常なのでしょう。


相手に対して、謙虚とリスペクトを持って対応するように
「毎日」自分に言い聞かせているのだけれど、(できていないから)
尊敬できない相手にはひどく淡白に機械的な対応になっています。
自分のコントロールって難しいね。

お昼にいつも食べているパン屋が定休日だったので、 コンビニで買ったぶっかけうどんを食べたのだけど、 まずくてテンションがさがる。ついでに身体がだるくなってきた。

ヘッドホンをはずすと質問や相談や雑談に来られる方が増える。 休日に出てきたのは皆さんの為じゃないのですけど?、オーラを出していた 尖った時代(2ヶ月前)もあったのですが、話しかけてくる方の 表情を見る限りは、わりと穏やかに対応できる時代が到来していると思われます。

とりあえず、来た人には飴をお渡しします。
飴と鞭ですからね、と言っても誰も否定してくれませんでした。

レビュ依頼も含めて、 114通のメールを処理したので営業終了とする。 TODOリストで立てた計画に対して85%の達成度。 15%のショートはこの文章を書くのに時間を使ったからもか知れない。 でも、よい気分転換にはなってよかった。

明日も休日出勤だから、もう帰る。

かゆ