2010年12月アーカイブ

2010年12月27日

すこし早い大掃除

朝起きたら外の気温が2°で寒すぎて、
いつものように自転車でサイクリングに出かける気力がなかった。
というか何もする気が起きなかった。

大好きなご飯を食べる気力もなくて、あまりの無気力っぷりに、
寒さ恐るべしと感嘆したりして、二度寝したりしたのだけれど、
ベッドに寝ころびながらノートパソコンで会津若松駅のライブカメラ
みていたら何故か元気がでてきて、外には出たくないけれど、
せめて大掃除ぐらいはしようと、思えるところまで回復しました。

ありがとう会津若松駅。


大掃除は1年間使わなかったモノはゴミに出すか押し入れの奥に移動して
日々使うモノだけを部屋に置くのを基本にして、そこそこ片づきました。

いま住んでいるのは出張中の仮住まいで、本住まいはまた別にあるのだけれど、
結構長く住んで居るので本が溜まってきた。
とうことで、本も同じように良く読む本だけを小さい棚に入れることに。


ほぼ漫画!
全部、何かのパラメータを一時的にあげるとっておきのドーピング剤です。


あとはまだ読んでない本と、一度は読んでもう一度読みたい本を
手に取りやすい場所に配置。

右がまだ読んでない本で、左がもう一度読む予定の本です。

ちなみに同じ本を2回以上読むのは、一度で理解できないからです。
来年の2月が終わるくらいまでにはここにある本は消化したいので、
しばらくあたらしい本を買うのは控えよう。

【Sence of Justice】10/12/26の更新内容

100715a.gif
Sence of Justice
http://syuki.sakura.ne.jp/fft/

更新内容

アネゴ劇場2010の87話~100話を追加しました。

アネゴ劇場の作者のかずいちさんが公言?通り2010年の内に100話を完走されました。

クリスマスプレゼントをサンタからもらえなくなって久しいですが、
今年は素敵なプレゼントをいただきました。

僕たちの冒険はまだまだはじまったばかりだ、的なノリで100話を
終わられていますが、これで終わりなのかでしょうか。

それとも?

関連エントリ

2010年12月23日

自分に期待してそれに応える

英語が喋れないから英語は必要ないといい、お金が無いから世の中お金じゃ無いという。英語がしゃべれていれば喋れないやつはばかだと、お金があればお金が無いやつはだめだと言っただろう。それが他人に依存している人の特徴 http://twitter.com/daijapan/statuses/17367770811342848
頑張れば欠点は克服できると習ってきた。犬より馬の脚の方がいいものだと思ってきた。速い方がいいに決まってるとみんなが言うから。犬はそれがただの違いだという事に気付かない。そして必死で馬になろうとしている。 http://twitter.com/daijapan/statuses/17463519918166016
キリンがやってきた。高い所まで首が届く。みんなが高い所に届く方がいいに決まってると言い始める。今度は必死にキリンになろうとしている。キリンと会えばキリン、馬と会えば馬。そして誰も犬を相手にしなくなる。 http://twitter.com/daijapan/statuses/17467089677713408


しみた。
歯じゃなくて心に。


何かと比較して評価する相対評価は簡単で採用しやすい。
たとえば誰々より足が速いとか。
何かの基準で評価する絶対評価は難しく採用しにくい。
たとえば100mを14秒以内で走れるかどうかとか。

絶対評価が難しいのは、
・基準の難しさ
・定量化の難しさ
の2点の要素が大きい。

基準の難しさは、
100m走の人類最速は9秒台ということは知っていても、
何秒以上を走れば速いという基準をどこに置くのかはまた別の話で、
知識や経験で判断することが難しい。

定量化の難しさは、
100mのように時間で測れるものは定量化しやすいけれど、
文章を書く能力を定量化しようとすると、文字を書く速さとか、
内容の判りやすさとか、いろいろな評価要素が増えて定量化するのが難しい。


言いたいことを言う前に、枝葉を説明して結局何が言いたいことが、
相手だけでなく、本人までわからなくなってくるのが、私のよくないところだけれど、

誰もおとしめず、自分に期待してそれに応えていければいいな、と思った。

2010年12月15日

つぶやき

近況

日々に追われて部屋が汚くなってきた。 部屋の状況は心の余裕やモチベーションと比例関係なので不味い傾向です。

主な時間の使い方を考えると

・平日
 ・仕事からの帰宅が24時を超えることが多い
 ・早く帰れた日はジョギング
 ・眠気に絶えきれなくなるまでタクティクスオウガ

・休日
 ・ときどき休日出勤、それ以外は自転車でサイクリング
 ・必要最低限の家事(洗濯とか)

ってことで、仕事しすぎで、自転車乗りすぎ。

どちらも自分から進んでやっている楽しい人生の暇つぶしで、
やりすぎてもあまり人に注意されないどころか、
褒められることもあるところが似ています。

暇つぶしは時間がなくても勝手に時間を作ってやるので、
家事をきっちりするために主夫にクラスチェンジしたい。

誰か婿にもらってください。


すべてが懐かしく、すべてが新しい


PSP本体を買ったので、事前に買っていたタクティクスオウガ運命の輪を
やっとはじめました。

あぁ、すべてが懐かしい。
そして、すべてが新しい。

オープニングの曲を聴いているだけで胸がいっぱいになってしまった。


ステージの最後に生き残っているメンバに均等に経験値が入るシステムの設計が
すばらしいと思った。

シミュレーションRPGのほとんどで採用されている経験値システムは、
敵を倒したユニットが経験値を得るシステムだけれど、バランス良く育てる為に
止めを刺すユニットを調整することが大半で、その調整は作業であって
楽しむ要素ではないとずっと違和感があった。
適材適所のベストメンバで戦略を練ってステージをクリアして、
その結果として経験値が入るほうが断然気持ちよく楽しい。


初回プレイは、雑誌やネットといった情報には手をださずに、
システムやシナリオを純粋に楽しむのが私のジャスティス。
細かいことは気にせず、人間には睡眠が必要であるということを
忘れないように注意だけすればいいだけ。


社長からきたメール


社長からきたメールのタイトルが

状況を...。

だった。

「もっと力を…」のアルテマちゃんと掛けているわけもなく、
「もっと光を…」のゲーテちゃんと掛けているわけでもなさそうなので、
なにか怒ってるのだろうかと思って内容をみたら、

有給の届け出が出ていますが、残念だなぁ。 暫く顔も見ていないので、楽しみにしていましたが。 元気にやっていますか?

って内容だった(そのままコピペ)

有給が気に入らなかったのだろうか、
有給じゃなくて代休なんだけど
月次会議を欠席したのが気に入らなかったのだろうか、
役所に用事があって平日のその日しか空きがなかったからしかたがないんだけど。

有給じゃなくて代休です。
平日に役所に行く必要があるんです。
会議欠席してごめんなさいw
と「てへッ」って感じで返信した。


人のせいにしない、は難しい


言葉や文章のやりとりをしていて、相手の言っていることがわからない、
自分の言いたいことがつたわらない、といったことは、年を重ねるごとに
大きくなり続けているように感じる。

そういったときは、自分の理解が足りない、自分の説明が不足している、
と反省することもあるけれど、相手の能力の問題と割り切ることのほうが多い。

前者が正しいアプローチで、後者が誤ったアプローチ、
ということは頭ではわかってはいるのだけれど、性格的になかなか難しい。

心には岩田氏の


「コミュニケーションがうまくいかないときに、絶対に人のせいにしない」
http://www.1101.com/president/iwata-index.html

という言葉を刻んでいるはずなのにね。
きっと刻みが浅すぎて、すぐゴミが溜まって刻みがわからないほどツルツルになるんだ。
印刷して部屋にはって習慣や性質になるぐらいに刻みつけたい。


嵐の女神


宇多田ヒカルのアルバム、SINGLE COLLECTION VOL.2の「嵐の女神」は神曲。

「Disk1-12: 誰かの願いが叶うころ」
「Disk1-13: Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
「Disk2-01: 嵐の女神」

といった流れで、血が沸き踊るような高揚感と、頭がシンと冴えわたるような落ち着きの
両方が混在する不思議な盛り上がりがある。

2010年12月 7日

秋に咲くサクラ

自転車で桜を見に行った時の写真を公開

まずは紅葉

昼前の太陽の日差しがちょうどよかったのか、
色合いのよい写真が撮れたとカメラ初心者は思いました。

何色の色を使えばこんな色合いがでるんだろう。

秋に咲くサクラ

写真をあとで眺めていて、赤々とした紅葉よりも、プリズムのように
赤や緑や黄の色が混じり合った紅葉が好きなことに気づいた。

そして秋のサクラは儚いようで力強い素敵なピンクでした。

2010年12月 1日

よつばと! 10

よつばと! 10

  • 作者:あずま きよひこ (著)
  • 出版社:アスキー・メディアワークス
  • 発売日:2010/11
  • Amazon.co.jpの情報

世界一かっこいいとうちゃん


とうちゃん本当は
(ネタバレ防止)マンだ!


別にいい
失敗するのは
(ネタバレ防止)だ

世界一あつかいのわるい女子高生


ぜんぜんバカちがう!
めちゃくちゃかしこいですよ!


大丈夫
あの子
やせないから

世界一おもしろい子供


まゆげもそりますか?

私がこの本が大好きなことを知っている友達は、
読んで癒されてくださいね、と言うのだけれど、
可笑しくて噴出して、優しさにふんわりして、
よつばを取り囲む人たちの大きさや素敵さに感動するんです。

あ、そうか、それが癒されるってことか。

関連エントリ

CAAD10ファーストインプレッション

注)
これは、今まで乗ったことがあるのはクロスバイク(Escape R3)で、
ロードバイクが始めての初心者が書いています。

クロスバイクとの違いで気づいたこと

■重さ ペダル等の装備付で重さを量ってみたら、 CADD10が8.6kg、Escape R3が11.9kgでした。 CADD10は手に持ったときに、その軽さに違和感を感じて、 「えっ?」って声がでたぐらいに軽いです。

■加速
自分の持っていきたいスピードまでの加速が速いです。
サイクルコンピュータをまだつけていないので、
巡航速度がどう変わったのかはまだ不明です。

■視点
前傾姿勢になって視点が下がりました。
最初は地面が近くスピードを普段より感じて怖かったのですが、すぐに慣れました。

■ドロップハンドル
持ち方があっているのかどうかわかりませんが、負担が少ないです。
ブラケットを持ったときのブレーキが少し握りにくいです。

■ブレーキ
Vブレーキに慣れていて緊急時はタイヤをロックしてドリフトしながら止まって
いたので、初めてのキャリバーブレーキの制動は少し弱いように感じました。

■グリップ
タイヤが細くなったわりに、地面をピッタリと捉えていて安定しています。
今のところ下りのコーナは無理せずかなり減速して走っています。
この季節、どんぐりや枯葉でスリップしそうで怖いですXD

■筋肉痛になった箇所
自転車に乗った後でひさしぶりに筋肉痛になりました。
・首の付け根:前傾姿勢の維持で使った
・二の腕:前傾姿勢の維持で使った
・腰の付け根:ペダルを踏む時に使った


100km走った感想


ロードバイクを買った目的は、
「もっと速く、もっと力強く」
だったけれど、今の私の力では、さっぱりなことがわかった。

『速く』
クロスバイクの時は風景の流れと足の負荷でどれくらいの速度がでているか
わかったのだけど、自転車が変わって視点も負荷も変わっているので、
速くなっている気はするけれど、今のところ速くなっているのかいまひとつ実感がありません。

『力強く』
以前に苦しかった上り坂では同じように苦しく、
クロスバイクで出していたレベルを保つのが精一杯のレベル。

自転車は軽いし、ペダルを踏めば踏むほど速度は伸びるのに、
クロスバイクと同じ出力しかだせなかった原因とは!

(つづく


と、別にひっぱる程たいした原因ではないのですが、
心肺も足もバテテいないのに、腰が疲れて疲れて、
上り坂で少し負荷が続くと、腰の筋肉が
「もうだめですwwww」
とか急に言い出して、
もうちょっとがんばれ!
みんながんばってるのにひとりだけ何言ってるの!?
と応援してみても、まったく言うことを聞いてくれませんでした。

下りでペダルを踏まない状態が続くと、
腰の筋肉が「もう大丈夫ですw」と回復して、
また上りでペダルを踏みだすと、「もうだめですwwww」と言い出す。

ペダルを踏む負荷がなくなったら、何事もなかったかのように回復するので、
前傾姿勢を維持する筋肉ではなく、ペダルを踏み込む時に使う
筋肉(脊柱起立筋かな)が弱すぎのだと思われる。

クロスバイクでペダルを踏む時に使う筋肉と、
ロードバイクの前傾姿勢でペダルを踏む時に使う筋肉は違うようです。
いままで本来使うべきだった筋肉を使えてなかっただけかもしれないけど。

クロスバイクも乗った当初は500m続く坂がキツイと言っていたけれど、
今はその20倍以上の坂もがんばれるようになっているので、
ロードバイクもたくさん乗って筋肉をつけていこう。

自分の無力さに気づかしてくれることが自転車のいいところのひとつだしね。