« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | Home | 3月のライオン 4 »

2010年6月 6日

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

  • 作者:森見 登美彦 (著)
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 発売日:2008/12
  • Amazon.co.jpの情報
そう、ラ・タ・タ・タム! その宝石のように美しい絵本と出会ったのは、私がまだひよこ豆のように小さき時分、 いまだ文明人としての分別をわきまえず、実家の箪笥に一円切手をこっそり貼りつけたり して、悪事三昧に明け暮れていた頃のことです。ちっちゃな頃だけ悪ガキでした。

乙女の語り口調が小気味よく軽快でフワフワした気分になり、
先輩の語り口調が大味でドンくさく一生懸命でソワソワした気分になり、
リンゴ飴のように甘酸っぱい物語です。リンゴ飴に酸っぱさがあったかどうか
久しく食べてないのでイメージですが。

コメントする