« 空を眺めていたい | Home | 反省文 »

2010年6月 1日

ツンデレの王道

【国際親善試合 イングランド vs 日本】試合後のイビチャ・オシム氏のコメント(10.05.31)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00102172.html

阿部があんなに良いプレーをしていたのを見たのはちょっと記憶にないですね、 ちょっとお世辞ですけど(笑)。

彼には辛くあたってきたからこの場では褒めておきます。
『自信を持て』と彼にはずっと言い続けてきましたが、
今日を境に本当に自信を持てるようになるかもしれませんが、
でもそういうふうに本人が言っているのであれば、
『オシムはもっと良くなるはずだ』と言っていたと、
伝えてくださいね。

これがツンデレの王道!
涙がでそうになります。

揺るがない哲学、コントロールされた感情、刃物のようなユーモアと絹のような優しさ
マネージメントの真髄なんじゃないだろうか。

コメント(2)

いよいよワールドカップ始まるねー。
日韓大会からもう8年。

最近は日本代表の試合を見ることがほとんどなくなってたんだけど、
イングランド戦は久しぶりに見ました。
いやー、なんというか、おもしろかった。いろんな意味でw
どっかのスレタイで見た「お笑いブルー」ってのが頭から離れません。

韓国戦とか見てないので比べようがないのだけど、
試合内容もがんばってたと思うけどね。
でもやっぱり90分持たないサッカーだよなぁとは思いました。

なんにせよ今月は精一杯楽しみたいと思います。
ではまた。

>ikkan
年々選手個人の層やレベルはあがってきているように感じられるから、
クラブチームと違って一緒に練習することが少ないの代表チームでは方向性
とか秩序とかバランスが重要なんだろうなーってみてます。

ワールドカップ全試合みたいねえ

コメントする