« レタス・フライ | Home | 2008/04の水槽 »

2009年5月 4日

4月初めのある開発者のメモ

080504a.jpg

プロジェクトは誰もが失敗するだろう、と考えていた状況から体制を立て直し、
市場投入への計画を立てられるまでに至った。
そして、プロジェクトを立て直した立役者の半数は舞台を去った。

送別会も兼ねた打ち上げの中で天才天才と持ち上げられ、
他社のメンバに休日出勤でいつも一緒にいてくれたのが救いでした、
と言われた言葉がまだ頭に残っている。
天才ならもっとうまくやっている。
休日出勤なんてさせてない。

組織や仕事に帰属しやすい性質でどうなんだろうとは思うけれど、
少し静かになったプロジェクトルームは寂しい。
聞き慣れた声が聞こえないのは寂しい。

不具合はたくさん残っているけれど、頑張ってくれた人達をおとしめたりしない。
というのがいまの私のルール。他人にも強要するところが大変うざいと思われる。
すぐに居ない人のせいにする人が多いんだよね。
私もやってしまうときがあります。けしからん。ずるい。このゲス野郎。
冷静に考えても求められるのは意味の無い分析ではなく意味のある分析で、
さらに迅速な解決だしね☆


やっぱり帰属意識高すぎるね。
暇つぶしほど熱中するってやつだ。

コメントする