« 仕事がないと生活にハリがない | Home | 4月初めのある開発者のメモ »

2009年5月 4日

レタス・フライ

レタス・フライ

もう一つも、やはり女性のことで、情けない。かつての直属の部下だった。私が日本を離れるときも、空港まで車で送ってくれた。どうして私みたいな腑甲斐ない男に関わろうとするのか、最初からわからなかった。何を望んでいたのだろう?もし今もならば、何を望んでいるだろう?
「一度、港の近くでお見かけしたのは、じゃあ、君のお母様かな?」 「いいえ、私の祖母です。でも、祖母の姓は西之園ではなくて、佐々木といいます。あの、どこで、西之園ってお聞きになったのでしょうか?」

読んでる途中で記憶がリンクするカタルシスを味わえた。
こんなところにあの登場人物のアフターストーリを持ってくるんだ、と
ほくほくとした気持ちになる。

気づいた後で
『これは○○シリーズを最後まで読んでいないと気づかない記載だろう』
と思うのだけど、私がまだ読んでいないシリーズもあるので、そのシリーズの登場人物に
ついての記載は何も気づかずに読み進めているのだと思われる。
きっと森博嗣の作品をまったく読んでなくてもそれなりに楽しめるのだろう。
そこが一番のトリックだ、と思った。

コメントする