2009年5月アーカイブ

2009年5月31日

体力の限界

最近の中でいちばん極端な時間の使い方
・朝の7時~夜の3時:仕事
・夜の3時~朝の7時:ゲーム

翌日とかカフェインをとりまくらないと集中力が維持できなくて辛かったです。
歳をとって身体も衰えてきていて体力の限界なんだろうねぇ。
早く仕事を引退してゲームに集中しないと…

だいたい日曜日は2回に1回は休んでいるし、体調はいいのだけど、帰宅が遅くて
ゲームする時間を確保すると寝る時間がないってところが困っています。なんとかしてください。

ちなみにゲームはシヴィライゼーション4というのをやっています。
廃人ゲームと名高いのに手を出してしまいました。

ノートPCをベッドに持ってきて無線LANの環境でごろ寝ネットサーフできるようになったのが楽しい。
だからこんなまとまりのない文章なんだね!

2009年5月12日

入力デバイス

新しいキーボードとマウスに変更した。

キーボードは、Logicool Illuminated Keyboard CZ-900
マウスは、Logicool Performance Optical Mouse MX-518

CZ-900はもちもちとしたタイプ感が気持ちよいです。
夜に光っているところがキレイです。
090502a.jpg

M-518はまだ馴染まなくて少し手が疲れる感じ。
無線ルータも同時に買ってテトリスのネット対戦熱が復活したので、
手の疲れはその影響かもしれない。1日50戦しているからボケ防止になります。


入力デバイスを交換した直後はキー配置や手のフィット感が異なってタイプミスやキーの同時押しに
失敗して、交換しなかったほうがよかったのでは…と思う。
それが数日で慣れて気持ちよく使えるようになるので、人間の手は柔軟性のある優れたデバイスだ。

2009年5月 4日

2008/04の水槽

080504b.jpg
実家に水槽を移して今は親が管理しているので、質問されたら答える程度で口を出さないことにしています。
俺、生活が落ち着いたらもう一度水槽を設置するんだ…

080504c.jpg
ガラスへの写り込みが生活感まるだしでも気にしない☆
水草の光合成した気泡が水面に上っていく様子をこの角度から見るのが幻想的です。


水草の緑にひかる青い目が好きでランプアイのみを入れていたのだけど、
いろんな種類の魚が入っていると親が喜ぶので増やしました。
赤いの青いのと呼称して区別されています。

Fish アフリカンランプアイ グリーン・ネオン ラスボラ・エスペイ コリドラス・ピグミー ヤマトヌマエビ ミナミヌマエビ サザエ石巻貝
Plants  グリーンロタラ ロタラ・ナンセアン ロタラ・インディカ ロタラ・セイロン アヌビアス・ナナ ピグミーチェーンサジタリア グロッソスティグマ モス

4月初めのある開発者のメモ

080504a.jpg

プロジェクトは誰もが失敗するだろう、と考えていた状況から体制を立て直し、
市場投入への計画を立てられるまでに至った。
そして、プロジェクトを立て直した立役者の半数は舞台を去った。

送別会も兼ねた打ち上げの中で天才天才と持ち上げられ、
他社のメンバに休日出勤でいつも一緒にいてくれたのが救いでした、
と言われた言葉がまだ頭に残っている。
天才ならもっとうまくやっている。
休日出勤なんてさせてない。

組織や仕事に帰属しやすい性質でどうなんだろうとは思うけれど、
少し静かになったプロジェクトルームは寂しい。
聞き慣れた声が聞こえないのは寂しい。

不具合はたくさん残っているけれど、頑張ってくれた人達をおとしめたりしない。
というのがいまの私のルール。他人にも強要するところが大変うざいと思われる。
すぐに居ない人のせいにする人が多いんだよね。
私もやってしまうときがあります。けしからん。ずるい。このゲス野郎。
冷静に考えても求められるのは意味の無い分析ではなく意味のある分析で、
さらに迅速な解決だしね☆


やっぱり帰属意識高すぎるね。
暇つぶしほど熱中するってやつだ。

レタス・フライ

レタス・フライ

もう一つも、やはり女性のことで、情けない。かつての直属の部下だった。私が日本を離れるときも、空港まで車で送ってくれた。どうして私みたいな腑甲斐ない男に関わろうとするのか、最初からわからなかった。何を望んでいたのだろう?もし今もならば、何を望んでいるだろう?
「一度、港の近くでお見かけしたのは、じゃあ、君のお母様かな?」 「いいえ、私の祖母です。でも、祖母の姓は西之園ではなくて、佐々木といいます。あの、どこで、西之園ってお聞きになったのでしょうか?」

読んでる途中で記憶がリンクするカタルシスを味わえた。
こんなところにあの登場人物のアフターストーリを持ってくるんだ、と
ほくほくとした気持ちになる。

気づいた後で
『これは○○シリーズを最後まで読んでいないと気づかない記載だろう』
と思うのだけど、私がまだ読んでいないシリーズもあるので、そのシリーズの登場人物に
ついての記載は何も気づかずに読み進めているのだと思われる。
きっと森博嗣の作品をまったく読んでなくてもそれなりに楽しめるのだろう。
そこが一番のトリックだ、と思った。

2009年5月 1日

仕事がないと生活にハリがない

090501a.jpg

今年のゴールデンウィークは5/1から5/6の6連休とることにした。
今日は休み初日。


仕事は相変わらず忙しいけれど、帰宅がAM2時になることが続くこともなくなったし、土日は
だいぶ休めるようになった。

休みが1週間に1日程度だと、その日で自転車での散策を4時間して買い物2時間して掃除を…
と、やる気満々で休みを過ごせていたのに、6連休もあると、やる気ゲージがかなり低いです。
仕事がないと生活にハリがないという、ある意味予想された展開に。


せっかくの連休なので、1年以上未完成のプログラムも完成させたいし、読むのに難儀している
アルゴリズムの本も読破したいし、自転車で1日100kmにチャレンジもしたいなぁ。

お風呂に入って洗濯してこの文章を書いてといった感じで少しづつテンションをあげてみました。