« 2年ぶりの風邪 | Home | Googleトークを使い始めました、その2 »

2007年12月20日

落雷のように身体を貫き駆け抜ける1フレーズ

沢山の具体案を考えることは、無駄なようでけっして無駄ではない。採用されなかった案が、その人の将来の持ち駒になるからだ。
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/archives/2007/12/post_1581.php MORI LOG ACADEMY: 本当に考えたの?

勇気のでる至言だ。
小説での、落雷のように身体を貫き駆け抜ける1フレーズのようだ(そしてしびれる)

私はプログラミング・サッカー・将棋あたりで具体的なイメージを感じたのだけれど、
人の共感を生みやすい表現ですね。

復習用まとめ(自分用)


  • 良いアウトプットをひとつ行うのではなく、沢山のアウトプットを行い、その中から良いものを絞り込む
  • まとまっていなければ、まとまっていない状態のアウトプットを行う。
  • 最低限の時間(例えば1000時間)やってみる。そうすれば自分の能力が向いているか向いていないか多少はわかるのでは

コメントする