2007年11月アーカイブ

2007年11月19日

間違いだらけのUIにどう気付くか

RSSリーダー にlivedoor Reader(LDR)を使っているのだけど、
SleipnirプラグインのRSSリーダーに比べて断然はやく感じて、使い心地が良い。

LDR開発者のma.laさんの文章を読むと、ほとんどの開発者が「気づかない」か「仕様」で
気にしない"正しさ"を分析して実現されている。

http://ma.la/files/livedoor/seminar2006/seminar.txt

** ウェブアプリが勝ちうるためには #1 - 大量のデータをサーバーサイドで高速に処理する -- 必要なデータだけを逐次、受信、描画する -- デスクトップアプリでは代替の効かない領域

** ウェブアプリが勝ちうるためには #2
- ネットワーク(ソーシャル)連携で勝負する
-- 集合知、統計情報を利用したフィルタリング

** ウェブアプリが勝ちうるためには #3
- 正しいUIで勝負する
-- デスクトップアプリのUIは間違いだらけ

** 正しいUIってなに?
- 正しさ = 速さ

** 正しいUIってなに?
- ユーザーがタスクを実行する際に
-- 素早く
-- 迷わず
-- 正確に
- 実行できるかどうか

** 正しいUIってなに?
- 結局のところ
- 速さを見れば正しさが分かる

文章を読んでいるだけでテンションがあがります。
一から作り直したい症候群に掛かるなぁ。

私自身が、一部のサイト(たとえばLDR)を除いてはJavaScriptをOFFにして
利用をしているので、今まではJavaScriptを前提とした動作するサイトは
作らないようにしてきたのだけど、これからはJavaScriptを前提にしていても
使ってもらえるサイトを作るといったふうに意識を変えていかないとだめだな。

2007年11月17日

妹の結婚式に行ってきた

おなかいっぱいになりました。

フレッシュサーモンと真鯛のハーブマリネ
パルミジャーノチーズと有機野菜のサラダ仕立て
071117a.jpg

フレッシュフォアグラのソテー
大根のコンソメ煮添えバルサミコソース
071117b.jpg

季節野菜のポタージュスープ
071117c.jpg

鯛のパワレラタトュイユ添え
ベルモット酒風味のサフランソース
071117d.jpg

ロゼシャンパンのグラニテ
メロンのスープと共に
071117e.jpg

黒毛和牛のパイ包み焼き茄子のグラタン添え
ソースペリグー
071117f.jpg

フレッシュチーズムースと季節の果物・生ケーキ
071117g.jpg


フォアグラが一番おいしかったかな!
 
 
 

続きを読む: 妹の結婚式に行ってきた

2007年11月16日

会社に過剰に飼い慣らされた会社員たちの思い違い

上司の暴言による自殺の事例に思うこと:評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/f6528e6ff8719790feebd968d75a5f66

ここで思うのは、社員は会社のために、貰っているもの以上に貢献しなければ「恥」だとする、会社への過剰な従属意識の弊害だ。会社は(正確には会社の誰か個人が、だが)、たかだか自分の都合と判断で人を雇っただけで、それが功を奏するか否かは、会社の問題だ。会社に多く貢いでいる社員が居てもいいし、逆に会社を喰い物にしている社員が居ても、それは普通のことではないだろうか。

もちろん、同じ会社で働きの悪い社員に対して、同じ会社の別の社員が不利益を被ることはある。しかし、これは、不満なら、会社がその社員に対して減俸や解雇も含む条件の変更を行おうとすればいいことで、たかだか仕事のパフォーマンスが悪いことをもって、「泥棒」といった倫理的・人格的な非難が出来ると思うのは、会社に過剰に飼い慣らされた会社員たちの思い違いだろう。

ずきゅーん。小気味いいなぁ(笑

倫理的・人格的な非難するところまではいかないけれど、
「僕やる気がないんです」と実際に言われたり、そういった行為されると、
「なんなんだよ、この生き物は」って理解できない怖さに苛立ちます。

私は所属グループへの帰属意識が高いような気がするので

「たかだか仕事」
「会社に過剰に飼い慣らされた会社員たちの思い違い」

といった言葉を胸のポケットに入れておくぐらいがバランスが良いかもしれない。

品質の悪さから搾取される時間

東京三菱UFJ銀行の店舗にいって感じたこと。

* 対応の悪さ
** 質問しても「少々お待ちください」と去ったまま音沙汰がない。
** 60代位の行員二人に質問しましたが両方同じく去っていき音沙汰がありませんでした。
** お客さんが大変お怒りなんです。と電話で誰かに相談していました。これもかなり年配の行員。

* 両替コーナーがカオス
** 両替機にお金を入れたのに出てこない、と怒っている女性客にたいして「そうですか」といった回答に終始して火に油を注いでいる行員がいました。10分ほど行列を溜めたまま口論。
** 両替するのに40分かかりました。
** ATMは20台あって空いているのになぜ両替機は1台なんだろう。お金が儲からないから?
** 両替機のシステムの操作もわかりにくかったです。操作を間違えてしまった人が行員に相談したら行列の一番最後に案内されてました。


接客に要領の悪い年配行員を配置している意図がよくわからない。
接客の対応は人の能力によってかなり差があるものだと思うけれど、
企業的(業界的?)に人と向き合ってない印象を感じました。
品質の悪さが原因で搾取される時間の損失に憎悪さえ感じました。


そんなことを感じつつ、私が開発に関係しているシステムも、
人に向き合っていないようなシステムが多いのではないか、目先の利益にとらわれない
人と向き合った仕事ができているのか、と自問しつつ銀行を後にしたのであった。

2007年11月15日

最近みているTV番組

・サッカー

期待も実力も高くなったもんです。
ACL決勝の浦和の応援の一体感はすごかった。
あれはサッカーじゃなくても楽しくてしかたがないに違いない。試合も良かったし羨ましすぎる。

・相棒 Season6

主要役者どころか名前もない役の役者さんの演技までよくできていて、
いったいどうなんってるんだろう。
見ていないシーズンがあるのと、見直したいので全SeasonのDVD-Boxがほしいです。

・風林火山

板垣の最期あたりの回が盛り上がりのピークだったと思いつつ、
最終回までは見ようと見続けています。
音楽が非常に良いのも高ポイント。

板垣を演じた千葉真一の演技は、役者が一生に一度できるかできないか
ぐらいのすさまじい演技だと思います。

2007年11月14日

笑いのセオリーに忠実な編集部のつっこみ

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001204
失敗に学ぶエンジニア減量法:Tech総研

さまざまな成功事例をご紹介したが、実際にダイエットを行う過程はつらく、厳しいもの。そこで今回は、元エンジニアに協力を依頼し、実際にダイエットにチャレンジしてもらい、苦労したポイントや成功のノウハウなどを探っていくことにした。

一週間後(84.2kg→85.5kg)


編集部:「増えてるじゃないですか!ちょっと!」

二週間後(85.5kg→86.8kg)


編集部:「さらに増えてますよ? ど、どういうことですか!」

ダイエットを終えて(86.8kg→86.2kg)


一回り大きくなってしまった……。

めちゃうけたw


私の減量の方は、1ヶ月半に初めてから4.5kgほど減りました。
あがったりさがったりしながら10日で1kgづつ減ってる感じ。

朝ご飯にコンビニのサンドイッチを食べるのを止めたのと、
1日に2000cal以上はとらないようにしてるのが順調に減っている
要因ではないかと思われる。

2000calの制限は結構緩い制限なので仕事中にお菓子も食べれます。
うまい棒おいしい。

2007年11月13日

鼻栓をしたくなる資料

ジェイ・ディー・パワー アジア・パシフィック社による携帯電話機メーカーの顧客満足度の資料
http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2007/2007JapanMobileHandset_J.pdf

資料から読み取れる情報


  • メーカーによっての差がほとんどない(1000点満点で最下位が585で最上位が630)
  • その差がない結果のグラフは差を大きく見せる意図を感じる

ハードウェアやソフトウェアの機能・速度・品質から考えると理解できない結果なのだけど、
意図的に調査結果を操作をしているのか、調査手段がおかしいのか、私が世間の満足度と
ずれているか、ぐらいが考えつくズレの要因。グラフはあからさますぎて下品さが鼻につきました。

鼻栓をとりまくるゲーム

THE AXE EFFECT
男性用香水の宣伝サイト
http://www.axeeffect.jp/axebusters/

Sugeeeeee

・ゲームを遊んでいるうちに商品の名前やコンセプトがわかる(これが一番すごい)
・連続でのヒットに得点がついたりランキングがあって中毒性がある
・操作性が非常に良い
・画面の展開の良い
・音楽が良い
・演出が良い

あまりにもすごすぎるのだけど、これって広告予算内で作成できたのだろうか。
あとマウスでやっていると手がつりそうなのでコントローラを買うべきだろうか。

タイチョウが倒せませんXD

2007年11月12日

Googleキャッシュが異様に重いのを解消する方法

Googleキャッシュが異様に重いのが発生する条件

以下の全てが該当する場合
  • IE6およびIE6コンポーネントブラウザ
  • スクロールが縦に長いページ
  • position:relativeがページに使用されている(=Googleキャッシュ)

対応方法

  • Proxomitronをダウンロードして適当なフォルダに展開する。
    http://www.pluto.dti.ne.jp/~tengu/proxomitron/
  • スタートアップにProxomitron.exeのショートカットを登録する。
  • default.cfgをエディタで開いて、[Patterns]のセクションに
    Name = "Fix Google Cache [2007/07/02]"
    Active = TRUE
    URL = "[^/]+/search\?q\=cache:"
    Limit = 64
    Match = "
    $STOP()"
    の記載を追加して保存。設定を読み直す。 スクリプトは「Donut食った?」様の2007/07/02の一言記載されているスクリプトです(感謝)
  • プロキシサーバのlocalhost:8080経由でhttpを接続するようにする。 IE標準の設定であればツール→インターネットオプション→接続→LANの設定→プロキシサーバーにチェック→詳細設定ボタン押下→HTTPのアドレスにlocalhost、ポートに8080と入力してOKボタン押下

ブラウザがフリーズしたのかと思うくらい重くなって血圧上がりまくりでした。
これで安心して使える!

2007年11月 7日

Bad Endingじゃないよね?

一ヶ月前から身体の調子が悪くて、身体の内臓系も皮膚系も調子が悪いので
なんだろうこれ?と心配しながらも、あと一週間経って直らなかったら病院いこうかなと
思っていたら、皮膚がすごい膿んできたのにびっくりして慌てて病院に行ってきました。

そうしたら保険者証の手続きがうまくいっていなかったらしく、使えないと言われて
10倍のお金を払ったらみるけれど、払えないなら帰れ、
あと無職なんでしょ?と言われました。


法律で決められたルールだからわかるけど、言い方の最低さに、かなりむかついて
無言で帰ってきました。


皮膚がおかしくなるのってきついねぇ。ひさしぶりに実感しました。
他にもいろいろと調子が悪いのでなんか大きい病気?ってな心配も!

会社に保険者証の再交付依頼もしないとだめけど、始末書を書かないといけないのかなぁ。
と心配していることに気づいて、どうかんがえても身体と始末書のどちらが大切か優先順位を
混乱してるだろうと思いました。あそこで10倍払うべきだったか!(ルートミス

文化

企業文化が形成される経緯:Geekなぺーじ
http://www.geekpage.jp/blog/?id=2007/10/22


企業文化にはプラスもマイナスもあるけれど、紹介されているジョークは
マイナスの例でユーモアがはいっていてわかりやすくて面白かったです。


経験で簡単に思い当たる企業文化といえば、

新入社員として入った企業
→ソース管理にツールを用いていなかった
→そのままそれに従ってしまう
→「プログラムが若返ってるw」「これ誰が変更したんだろうw」

転職して入った企業
→ソース管理にCVSを用いていた
→ツールなしでの管理が考えれなくなって、企業・自宅の環境を全てSVNでのソース管理に切り替えた
→「プログラム楽しいw」「てめえのRev765の修正がバグってるよw」

な感じでしょうか。


どの企業(グループ)に所属していても、情報を収集して、自分で考えて、
かつ実践していくことができる人は、文化を変えることができるのだけど、
ほとんどの人は文化に従ってしまう印象があるなぁ。

流されやすく文化に従順な私でもまずできそうなひとつの方法

・複数のグループに所属して、客観性を持つ

 ひとつのグループに所属していても客観性を保てるのはかなり頭のいい人しか
 できないけれど、複数のグループに所属していれば良いところ・悪いところが
 比較でわかりやすいし、ある程度の客観性をもつ手段としてはよろしいかと
 思います。

 そのグループに割く時間・グループの質を考えると何でもかんでも所属って
 いうのは難しそうなのでまずどこに所属するか、からですなぁ。

2007年11月 5日

エネルギーを負から正に変える才能

ネガティブイメージの記事にはいろいろと思うところがあるのだけど、
小野さんが書かれたネタ記事のエントリをみて、これが才能というものか!
と大笑いさせていただきました。

■IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ
http://www.atmarkit.co.jp/news/200710/31/ipa.html

  あながち間違ってはいない学生の指摘


いくつか挙げられたIT業界のイメージは実にネガティブな内容だった。いわく「きつい、帰れない、給料が安いの3K」に加えて、「規則が厳しい、休暇がとれない、化粧がのらない、結婚できない」の“7K”というイメージだ。

  間違いなく現場から反感を買うIT業界重鎮の反論(反論でさえない)


ネガティブイメージを突きつけられた浜口氏は、「必ずしも全員が3Kではない」と反論。岡本氏も「3Kの“帰れない”は、帰りたくない人が帰れないだけ。スケジュール管理の問題だ。

■人気ハッカーもたじたじ IT業界大人気の理由は?現役学生が語るそのポジティブイメージ
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50191258.html

いわく「希望が持てる、(楽しくて)帰れない、極めてやりがいがあるの3K」に加えて、「気分がいい、化粧ではなく中身で勝負できる、忌憚なく話せる」の"7K"というイメージだ。
T.M.氏も「3Kの"帰れない"は、もちろん帰りたい人は帰れる。ただ、没頭していると時間を忘れることは実際にある。情熱の問題だ。いい仕事を選んだと思う」と自らの仕事を振り返りつつ、学生に同意した。

私の今の環境はというと、こんな3K
・きつくない(定時で帰ってます。お金の交渉やクレームは発生するのでそれがストレスな人はきつく感じるかもしれません)
・帰らない(自宅に帰ると遊んでしまうので、帰宅途中にマクドナルドやサンマルク・カフェに寄って勉強しています)
・極めてやりがいがある(わが業を愛せ。いやなら早くやめろ)

でも勉強さぼりすぎなんですよね。がんばろう!

2007年11月 4日

おじいさんの時計


 
万年時計の謎に挑む (1/2)
機械時計の最高傑作「万年時計」。江戸時代の末、一人の職人が作り上げた。この天才に挑もうと、百人の技術者が集まり、謎とされてきた時計の解体復元を始めた。復元までの日々を取材し、江戸時代の天才の頭脳を解き明かしていく。 

どのように動いているのか想像しながら映像をみたのだけど、

まったく無駄がない

の一言につきます。
美しさを感じさせる無駄のなさです。

自分が一番得意な分野でものを考えてしまうのだけど、
こういうプログラムが天才的で美しいプログラムなんだろうなー、と思いました。

設計図(仕様書)がないので、100人の技術者が集まって半年で解析とか、
可読性はめちゃくちゃ悪いみたいだけどw

田中久重の取り組みをみていると、天才的な能力があってもさらに努力をしていて、
それにくらべて自分は…な感じでやる気の出る良い映像です。

あと、現代のご年配の職人の方々の輝いている姿をみていると、
嬉しさやかっこよさやら尊敬やらが入り交じって口元がゆるんでしまいます。

2007年11月 1日

シャドウリファクタリング

ひさしぶりに1人でコーディングに集中できる作業をしているので没頭しています。

風呂に入っているときや電車に乗っているときに、頭の中に今のコードを
展開して速いテンポでリファクタリングしていく作業が楽しすぎる。

記憶力はあまり良くないので、今時点のコードは展開できても頭の中で
修正したコードの維持ができない。修正の修正が困難な感じ。
せめて修正した内容を忘れないように携帯電話のメモにインデックスと
なる単語を書き留めて後で想起できるようにしています。

PCの速度が100倍になってもキーボードのタイプ速度は100倍に
ならないところがもどかしいです。