« 初動捜査の大切さ | Home | 変数はみんなのモノ。ただし汚れている可能性があります。 »

2006年12月17日

myは私だけのモノ

いままでPerlではとりあえず動くプログラムしか作成していなかったので
自習をはじめました。その時のメモを記載していきます。
自分理解で記述していて間違い・勘違いはあると思いますので、
気づかれたら指摘していただけると嬉しいです。

・出力したい内容
 main:Hello!!
 func:Hello!!
・$testStrの変数に文字列を代入して出力を行う。

良い使い方(と思われる組み方)


use strict;
use warnings;

&main;
sub main{
my $testStr = 'Hello!!';
print "$testStr\n";
&func($testStr);
}

sub func{
print "$_[0]\n";
}

悪い使い方(どちらかというと変数ではなく定数のような使い方)


use strict;
use warnings;

my $testStr = 'Hello!!';
&main;
sub main{
print "main:$testStr\n";
&func();
}

sub func{
print "func:$testStr\n";
}

不具合な使い方


use strict;
use warnings;

&main;
sub main{
my $testStr = 'Hello!!';
print "main:$testStr\n";
&func();
}

sub func{
no strict; #strictが効いていると以下はエラーになる為、意図的に無効
no warnings; #warningsが効いていると以下はエラーになる為、意図的に無効
print "func:$testStr\n";
}

#結果がこんな感じに
#
#main:Hello!!
#func:
#


コメントする