« 旅がまた始まる | Home | 頭のいい人たちがいうことがいつも正しいとは限らない。 »

2006年1月20日

力こそが全てであり、鋼の教えと闇を司る魔が支配する

いま参加しているプロジェクトのひとつに、
・お客さんとの打合せの同席
・成果物のレビュ
・責任者
の役割で参加しているプロジェクトがあります。
マネージャ的な役割とリーダ的な役割の中間くらいの
位置づけになるのかな。

他のプロジェクトが忙しくてかなりお任せ気味になってい
るのですが、メンバの方が任された役割を、予想していた
期待以上や予想していた期待以下で進められているのを
見ているとシミュレーションゲームをしているような感覚に
なるのが楽しいです。
(ゲームを出してしまうのは心証が悪い気がしますけれども)

周りのユニットを動かすことができるリーダ的なユニットや
周りのユニットのステータスをアップさせる支援効果のある
ユニットがかなり助かります。
リーダユニットどうしだと相性がわるいと指示が錯綜したり。

そのままシミュレーションゲームにしても面白そうです。
需要がマイナすぎる気がしますが。

世界観を変えるとそのままシミュレーションゲームとして
いろいろなゲームが世に出ていることに気づきました。

プリンセスをリーダにすると作業効率が2倍にアップするとか!
あと、うぃっちと一緒に仕事したい。
(テンションがあがってきた

コメント(2)

この日の日記は両方とも「流石yukiさん」と思ってしまう内容だ…!
当然良い意味ですよ、はい。

自分を見失っているので何が自分らしさか良くわかりませんが、
ありがとう!

コメントする