« 迫り来る老化 | Home | 力こそが全てであり、鋼の教えと闇を司る魔が支配する »

2006年1月19日

旅がまた始まる

船は着き、旅は終わる 歌は残り、永遠を探す

また旅をはじめるお姫さま

透明な水がふつふつと湧き上がるように嬉しいです

(「感激です」という言葉が気持ちにあわないと思ったので、きちんと表現しようと思ったら怪しくなった

コメントする