« 飼い慣らされた獣 | Home | 幽霊ではなくニシキヘビ »

2006年1月13日

引率

今日は、進捗の管理と資料のレビュで参加しているプロジェクトで、
客先と打合せがあったのでついて行きました。

お客さんの担当者は若い方、こちらも打合せ経験がほとんどない
メンバにメインで進行してもらったので初々しい打合せでした。
お互い遠慮して確認をもっと突っ込んでしたほうが良さそうな
ところに踏み込めてない感じがしました。


あと、客先に入るときはコートを脱がないとダメですよ、とか、
名刺はこうやって渡すんですよ、とか、
細かい人だと思われてるなと思いながらメンバに説明しました。

こんなことって、知らなくても決定的には困らないけど、
知ってたほうが損がないと思います。どうやって覚えるのが
セオリーなのかしらないけれど(教本とか?

常識知らずの人間が何を気にしてるんだろうとも思ったりしますが。

コメント(2)

O社はビジネスマナーに関して熱心だったし、
ちゃんと下の人間に伝えていく環境だったからねぇ
今の職場見てたら実感するよ
言葉遣いとか電話の仕方とかホントひどい
しかもオレより年上なのに、いままでそれでやってきたの??って感じで

まー、あたしゃ所詮派遣社員ですからなーんも言わんけど
…けど気になるんだよなぁ

やっぱりikkanも同じようなことを感じているんですね。

あまり意識していないところで財産をもらって
いたのかー<O社さん

コメントする