« ある職場の風景 | Home | 残り福 »

2006年1月11日

mixi

招待されたことがない、と話題に上るだけで涙で前が見えなかったmixiですが、
くびれのないお嬢様に招待していただけたので登録してみました。

感想は、インターネットに初めてサイトを持ったときのようなドキドキ感がありました。

以前に知り合いだった人達が日記を書いてるのをみて、
見たいような見たくないような、とても不安定な気持ちになりました。
関係を築きたかったら普段から私のほうから誠実に積極的に関わろうと
していただろうし、何をいまさらっていう感じが沸々と…。

マイナス思考度がアップしてる!

深呼吸してと…

どんな友達を登録しているかがその人をよく表しているような
システムですね。友達の友達はやはり気になるわけで。
ユーザインタフェースや機能に興味があったのですが、
思っていた以上に平凡な気がしました。
データベースに何を使用しているのかと、個人情報の項目は
なんの暗号化をかけているのか、あと運営に何人関わって
居るんだろうとかそこらへんが気になりました。

さて、涙を拭いて寝るか

コメント(3)

>以前に知り合いだった人達が日記を書いていたりするので、
>見たいような見たくないような、とても不安定な気持ちになりました。

ここにギクリとした私は不肖者かもしれません。
上を向いて歩こう涙が零れないように。

まじめに不安定な気持ちの内容についてかいたらドン引きする
内容になってしまったじゃないか!(逆ギレ
自分の素直じゃない誠意がないってところにはよくうんざりします。

そういえば、ふまさんの日記、ラブバトンで終わっててうけました。

上を向いて
歩こう
涙が零れないように
ゴッフゥ(吐血)

コメントする