2006年1月アーカイブ

2006年1月30日

タイムマシンにお願い

風邪の方は主に熱のみの状態に。
普段の平熱が35℃台の為か、37℃を超えると軽い貧血のような
気持ち悪さでフラフラになって正常稼働しなくなります。

ロキソニンという解熱鎮痛剤を飲むと、飲んでからきっちり8時間だけ
熱がさがるので、その間に仕事をして、ひさしぶりに定時で仕事をあがり
しました。

まるでシンデレラの魔法が解けるようにきっちりと薬の効果が8時間で
切れるのでその効果に驚きつつ、きつそうな薬だけに1日にたくさん飲むと
頭がカニ味噌になりそうな気がして1日1錠にしています。

伝説のバンドがカエラで甦る

伝説のロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」が29日、人気歌手の木村カエラ(21)を“新ボーカル”に迎え、17年ぶりに復活した。キリンラガービールの新CMに起用されたもの。カエラと加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、小原礼のオリジナルメンバー4人はこの日、横浜市内で会見し、新生ミカ・バンドを強烈アピールした。

あー、かなり聞きたい。

2006年1月29日

マテリアの記憶の中を往く

◆風邪をひきました。
どうも、仕事以外の時間で、風邪の人と一緒にいるとかなり高い確率で
うつります。仕事しているときはきっと自己防衛の壁が普段より高いのでしょう。
微熱でぼんやり度がアップするのと鼻水がでるのが鬱陶しいです。

Final Fantasy VII Advent Children
ちょっと遅れ気味ですが、鑑賞。
耳に焼き付いている音楽と記憶のフラッシュバックの中、楽しみました。
ティファの戦闘シーンの花びらが舞うシーンはかっこよすぎでした。
(メタルギアソリッド3でスネークが戦車の砲撃の爆風に飛ばされて着地したシーンを連想しました
曲の和音がすべて頭に展開されるので、なにこれ!?絶対音感!?、と1秒くらい思いましたが、
当時耳コピでMIDIを作成していたときの記憶のようです。聴覚の記憶は結構すごいな。

中島みゆき、ビデオクリップ無料放送
ビールのCMでお姿を拝見するだけで喜んでいるのに、なに、この至福。
よるをゆーけーと鑑賞。
歌でもラジオでも舞台でも、言葉の大切さを常に語られている姿が神々しいです。
もうファン心理が全快です。

函館市場
美味しい回転寿司があるということで行ってきました。
お客がすごい並んでいました。
味の方は、私が好きなマグロ系、サケ系のネタが口の中で
とろける食感で大満足。あとシマアジがすこし歯ごたえがあって
噛めば噛むほど味が口の中に広がる感じでよかったです。
だいたい一皿二かんなので、一緒にいった人と分けて食べたのですが、
合わせて16皿ぐらいでお腹いっぱいになりました。

2006年1月26日

早起き生活

早起き生活で起きる時間を付けだしました。
サイトのロゴがmixiみたいでドキドキしました。

早起き生活

前から不規則だと思っていたけど、やっぱり不規則。
もう少し安定した優雅な朝を過ごしたいです。
カーテンをゆらすそよ風に目をさますような朝。
現実は心まで凍えるような室温に直面して固まっているワケですが。

Macへの憧れ

id:naoyaさん:MacOSX の感想とか。

楽しそうにMacを語り利用しているMacユーザのことや、
コマンドラインを楽しそうにたたいているUnixユーザのことが
気になりながらもWindowsをずっと使っています。

仕事でMacやUnixを使うことはあるので、
起動・終了・基本アプリ利用・タスク自動実行・ファイル操作
といった初心者レベルの操作はできるのですが、
それくらいのレベルではMacやUNIXが、Windowsに比べて、
どれだけ優れているか・楽しいかということが実感できません。

WindowsからMacに乗り換えた感想というのはあまり
見たことがなかったので興味深く読ませていただきました。
naoyaさんは影響力の大きい方だと思うで、
このエントリだけでもMacのシェアがちょっとあがりそう。

Macへの憧れがますます募りましたXD

五分後の世界

五分後の世界

五分後の世界

  • 作者:村上 龍 (著)
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日:1997/04
小田桐は無意識のうちに何かを受け入れたのだった。それはただの死とか恐怖といったものではなく、恐怖と死が自分に訪れるルートとシステムといったことだった。

死との距離感がきっちりと取れている時は、
わりと意欲的に前向きに行動している、と思う。

死と抱き合っていたり、まったく見えない距離感の時は、
すごく不味い行動をしていることが多い。
電車の二人用の座席で隣になるような距離感が私には
ちょうどいい感じだと思う。

5分後の世界の”生きている”人たちには純粋な憧れを
持つけれども、たぶん私がその世界にいったら
あっという間に淘汰されてしまうだろう。

共生虫

共生虫

共生虫

  • 作者:村上 龍 (著)
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2003/03

2006年1月25日

菌の森

今日は打合せに行ってきました。

お客さん(以下客)「今日は換気の良い場所で打合せをしましょう」
私「?」
客「実はインフルエンザが社内で流行してまして(ゴホゴホ」
私「Σ」
客「社内の大半が高熱をだして休んでいるんです(ゴホゴホ」
私「;」

5時間ほど打合せしていました。
がんばれカラダの免疫細胞

2006年1月23日

長い腕

長い腕

長い腕

  • 作者:川崎 草志 (著)
  • 出版社:角川書店
  • 発売日:2004/05
おまえは、身内を守る時にはモラルとか常識とかは吹っ飛ばしてしまうんだ。日本型サイコって感じかな。だから身内と思わないように思わないように人間関係の距離を必死にとろうとしてるんだろ。いつまでも丁寧語なんか使って。

チェックボックスの個数が可変の時に対応する



チェックボックスの個数が可変の時に対応した

JavaScriptの制御を試していました。




// JavaScript部



var count = 0;

obj=document.form.check;

for (var i=0;i<obj.length ; i++){

  if(obj[i].checked){

    count+;

  }

}



window.alert(count + '件、選択されています。');



// HTML部



<input type="checkbox" name="check" value="北海道">

<input type="checkbox" name="check" value="東京">

<input type="checkbox" name="check" value="大阪">





この組み方だと、チェックボックスが2つ以上だと問題なく動くけど、



<input type="checkbox" name="check" value="北海道">



こんな感じでチェックボックスが1つだと配列にはならないので

obj[i].checked

のコードでNaNになってしまって、うまく動きませんでした。



結局

<input type="checkbox" name="check" value="北海道">

<input type="hidden" name="check" value="dummy">

こんな感じで非表示のダミーチェックボックスを挿入するようにして

チェックボックスが必ず2件以上の配列になる状態にして

正常動作するようにしたのですが、ちょっと力技のような気がします。



Webで調べてみましたが、これといった解決方法を見つけることができませんでした。

王道の組み方はどういった組み方なんだろう。



またよい組み方を見つけたらこのエントリーか別エントリーで

追記します。





ふといつもこの文章を書いているMovableTypeで同じ制御していた箇所が

あったと思い出して、JavaScript部を探してみたら、下のような処理でした。




var count = 0;

var obj = document.form.check;

if (!obj) return 0;

if (obj.type && obj.type == 'hidden') return 1;

if (obj.value && obj.checked){

  count++;

}

else{

  for (i=0; i<obj.length; i++)

    if (obj[i].checked) count++;

}

return count;





なるほど、「if (obj.value && obj.checked)」でチェックボックスが1件の時は分岐させているのか。

けっこうベタな組み方でした。

ちょっとしょんぼり。

2006年1月22日

2006/01の水槽












Fish
アカヒレ

ブラックモーリー

オトシンクルス

ミナミヌマエビ

Plants 
ラージパールグラス

ロタラ・ナンセアン

カーナミン

アヌビアス・ナナ

ミクロリウム

グレートモス

トニナ sp. スレンダーリーフ

グロッソスティグマ



一ヶ月に一回水槽の状態を記録していこうと思って写真をとったのに、

うっかり放置していました。



仕事が少し忙しくなってからあまり水替えができていません。

3週間に1回水槽半分の水を換えるぐらいです。

ろ過装置がついていても不純物は溜まるので3日1回といった

定期的な水替えが綺麗な水槽維持のポイントらしいです。



アオミドロという苔が多量発生しがちで、その苔をブラックモーリーが

ばくばくと食べてくれているのですが、苔の成長力が勝っています。

このまま放置すると苔水槽になってしまうま。



わざとじゃないのですが、生体の性別が全てメスかオスの為、

繁殖しない水槽に仕上がっています。

くるったひとたち

2006年1月21日

ツンデレ喫茶

ハウルの動く城を借りたので二回観る。
一回目を観おわったあとに本をとばし読みした感じのような
何か観ていないシーンがあったのかという、もやもや感があったのだけど、
二回目をみたらすっきりしました。

その後は、メイドの時代からツンデレの時代へって誰かが語っていたのを
思い出して、メイド喫茶ってあるけど、ツンデレ喫茶ってないよなー
と考えて、店員の台詞を想像したら死ぬほど恥ずかしくなって赤くなり
ながら買い物。

どうも最近疲れていて眠かったのか久しぶりに6時間以上寝たのと
昼寝もしました。すっきり。


あと移転先を探していたレンタルサーバはここ(さくら)に決めて課金しました。
大手だけあっていままで使ってきたレンタルサーバとはサービスが
一線を画しているように思いました。
内容はぼちぼちと整理していく予定です。


低クオリティの文章しか頭からでてこなくてびっくりしているのですが、
寝過ぎで脳みそがカニみそになっているだけかもしれません。
mixiでブラブラしてたらまたテンションが下がってきた(笑

2006年1月20日

頭のいい人たちがいうことがいつも正しいとは限らない。

プログラマー日記さんのエントリ:Sendmailで学んだこと

頭のいい人たちがいうことがいつも正しいとは限らない。

このフレーズにしびれました。
本のタイトルにするだけでかなり売れるのでは。

「setter/getterを書くのが面倒だし読みにくくなる」というと「Eclipseなら自動生成できるから問題ない」というやりとりは毎度のようにあるけど

まさについ最近いわれてたことが書かれていてびっくらこきました。


頭のいい人たちは、発言にしても文章にしても、
ある対象が1~10の工程で構成されていると、
あまり頭がよくない私からみると、1と10だけ
しか言ってくれていないように感じます。

そんな私でさえ、たぶん相手に伝える時はいきなり5から
はじめていたりするのだと思います。たぶんその
原因は1~4は説明しなくても通じるのが前提、という
緩慢な気持ちがあったり、相手が何をわかりにくいと感じている
のかがわからない、という配慮ができない為だと思います。

1から順に説明しようとするどころか、-1・0・1と
根気強く丁寧に話を相手に伝えようとする人に
対しての尊敬が募るばかりです。

頭のいい人に1と10だけ言われて、内容をまず理解
するレベルと、疑問を持つレベルになることも
大切のような感じがしますけれど。


システム構築にたずさわる上で、私が大切にしたいのは、
・シンプルを優先
・できれば拡張性を考える
・わかる言葉で相手に伝える
・疑問点は口に出す
といったところです。

力こそが全てであり、鋼の教えと闇を司る魔が支配する

いま参加しているプロジェクトのひとつに、
・お客さんとの打合せの同席
・成果物のレビュ
・責任者
の役割で参加しているプロジェクトがあります。
マネージャ的な役割とリーダ的な役割の中間くらいの
位置づけになるのかな。

他のプロジェクトが忙しくてかなりお任せ気味になってい
るのですが、メンバの方が任された役割を、予想していた
期待以上や予想していた期待以下で進められているのを
見ているとシミュレーションゲームをしているような感覚に
なるのが楽しいです。
(ゲームを出してしまうのは心証が悪い気がしますけれども)

周りのユニットを動かすことができるリーダ的なユニットや
周りのユニットのステータスをアップさせる支援効果のある
ユニットがかなり助かります。
リーダユニットどうしだと相性がわるいと指示が錯綜したり。

そのままシミュレーションゲームにしても面白そうです。
需要がマイナすぎる気がしますが。

世界観を変えるとそのままシミュレーションゲームとして
いろいろなゲームが世に出ていることに気づきました。

プリンセスをリーダにすると作業効率が2倍にアップするとか!
あと、うぃっちと一緒に仕事したい。
(テンションがあがってきた

2006年1月19日

旅がまた始まる

船は着き、旅は終わる 歌は残り、永遠を探す

また旅をはじめるお姫さま

透明な水がふつふつと湧き上がるように嬉しいです

(「感激です」という言葉が気持ちにあわないと思ったので、きちんと表現しようと思ったら怪しくなった

2006年1月18日

迫り来る老化

higeponさんのエントリー:プログラマのタイピングの速さを見て、
ぱちぱちのノートPCのキーボードを連打してみる。



インターネットでタイピング練習

vs くびれのないお嬢様

私「負けたら奴隷ね」(発想が子供
嬢「やったよぉー、340pt」
私「何なりと申しつけください」(_n○

夏への扉

夏への扉

夏への扉

  • 作者:ロバート・A・ハインライン (著), 福島 正実(翻訳)
  • 出版社:早川書房
  • 発売日:1979/05
リッキィは顔もあげずにいった。低い声で、ほとんど聞き取れないほどだった。

読み直すのは何回目なんだろう。
何回読んでもおっさんのロマン(妄想の方)を感じます。

さっぱりとした感動で読み終わった後のすがすがしさが心地よいです。

2006年1月17日

時間のロス

結城さんのエントリー:校正についての長男との会話

たとえば3600部、本が売れたとしよう。私の文章の書き方がまずくて、理解するのに1人1秒余計に時間がかかるとしよう。そうすると、3600倍して、全体では1時間の社会的ロスになる。1冊1分なら60時間のロス、1冊1時間なら3600時間、つまり150日のロスだ。そうならないように、できるだけ書き手の側で時間を使い、読み手の時間を奪わないようにしなくてはならない

いつもながら真摯な姿勢にうなずくばかりです。

今日はある資料のレビュということで招集されたのですが、レビュ前に資料が
送られてこなくて、みんなが集まったところで資料がお披露目されました。
結局、レビュの方は15時にはじまって、終わったのは23時でした。

あらかじめ資料が送られていれば1/4以下の時間で終わったはずの打合せだったので
ここら辺の配慮が大切なことをあらためて実感したのと、部外者だからと事前に
資料の要求をしなかったのが反省点です。

あと私の時間もちょっとは大切にされたいと思いました(流され気味

2006年1月16日

たったひとつの冴えたやりかた

たったひとつの冴えたやりかた

たったひとつの冴えたやりかた

  • 作者: ジェイムズ,ジュニア ティプトリー (著), 浅倉 久志 (翻訳)
  • 出版社: 早川書房
  • 発売日: 1987/10
レイヴンの心臓は、生まれたばかりの動物が立ち上がろうとするように、胸の中で、せまりよる眠りのもやの中で、ぐらりとよろめく。
 彼は決定をくだす。

内容はライトです。3編から構成されています。
前に読んだのが確か7年前くらい。3編のうちどれもおもしろいのだけど、
今回読んでみたら2つ目の話にぐっときました。
あの終わり方はかっこよすぎるだろう。

前回読んだ時は特にそんなことを思った記憶はないので
価値観や嗜好が変化したみたいです。

2006年1月15日

休日らしい休日

日曜日は久しぶりにお休みだったので、
髪を切りに行ったり、服を買いに行ったり、
買い物をしたり、料理をしたりしました。

私のイメージでは休日らしい休日でした。
(普段休みはだらだらしているので


欲しかった服が6万だったので、どうしようか服の前で考えていたら、
店員さんが寄ってきて
「一着買ってくれたら、二着目を半額しますよ」
といってきて、そんなこと言われても欲しいの一着だけだしと、しばらく考えていたら
「もう二着で6万にしますよ」
というので結局二着買ってしまいました。
すごい勢いの値引きだなぁ。
他にも気前よくサービスしてくれたので、
一着2万位で売れたら利益でるのかもしれません。

そんな休日だったので1/17に更新する予定といっていたRO2
更新はできませんでした。ちょっと罪悪感。

2006年1月14日

ある土曜の風景

朝5時に起きて、風呂に2時間位入って、
風呂上りにCDを1曲聴いてから職場に行く用意をしよう思って
ヘッドホンを装着したあたりで記憶をロスト。

さわやかに30分遅刻しました。
コアタイムには間に合っているので正確には遅刻ではないのですが。
寒い日の布団の暖かさってなんであんなに幸せなんだろう。

お昼は大戸屋で豚の豆乳しゃぶしゃぶ鍋定食を食べました。
豆乳の甘さとポン酢のすっぱさがとてもよかったです。
ご飯をご一緒した方が、PC-Engineのリンダキューブが好きなんですと
言っていたので、あ、私も好きなゲームで画集も買ってしまいましたよ!
と反応したら、僕も画集も買いました。と返答が。
こいつら濃すぎるぜ!とガクガクしました。

仕事のほうはJSP + EJB + Javaのコーディングをポチポチと進行。
今週は月曜から金曜までずっと打合せと資料作成しかできていな
かったので、かなり楽しいです。

今日は時間がたつのが早いですね!
と前の人に喜びを伝えてみたら
よかったですね、
とどうでもいいような渇いた返答が返ってきて
何を浮かれているんだろうと我に返りました。

幽霊ではなくニシキヘビ

Guido van Rossum氏のblogよりPython Status Update

世界最高峰クラスに位置する技術系企業(Google)では、
C++やJavaの次にPythonが重要視されている。

らしい。

私はつい最近まで、Python(パイソン)のことを
Phantom(ファントム)と誤読していたくらい、
この言語についてはまったく知りません。

Python:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


面白そうなので、ちょっと勉強してみようかと思います。
目標は未来を具体的に想定した内容で記述しないと意味が薄いので
「2末までにPythonでWebアプリを作成する」

この目標だと暇な日が1日あればできそうな気もしますが
(簡単なデータ参照アプリを考えている為)
まず手をつけることが大切です(最初から少し言い訳がましいです


C++にしてもJavaにしても使える程度の知識しかもっていないので
使いこなせるようにレベルの底上げもしたほうがいいような気がします。

2006年1月13日

引率

今日は、進捗の管理と資料のレビュで参加しているプロジェクトで、
客先と打合せがあったのでついて行きました。

お客さんの担当者は若い方、こちらも打合せ経験がほとんどない
メンバにメインで進行してもらったので初々しい打合せでした。
お互い遠慮して確認をもっと突っ込んでしたほうが良さそうな
ところに踏み込めてない感じがしました。


あと、客先に入るときはコートを脱がないとダメですよ、とか、
名刺はこうやって渡すんですよ、とか、
細かい人だと思われてるなと思いながらメンバに説明しました。

こんなことって、知らなくても決定的には困らないけど、
知ってたほうが損がないと思います。どうやって覚えるのが
セオリーなのかしらないけれど(教本とか?

常識知らずの人間が何を気にしてるんだろうとも思ったりしますが。

2006年1月12日

飼い慣らされた獣

らいおんの隠れ家様のエントリー
ポール・グレアム「就職なんてもう古い」を翻訳

しびれました。
情熱があって、説得力がある文章です。
以下、ギュンギュンきたところのメモ

あなたを雇う会社は、金銭的には、顧客のプロキシの役割を果たしている。
もう1つ、大企業が新製品の開発を苦手とする理由がある。開発型の人間は、たまたま社長だった場合でもないかぎり、大企業ではあまり権力を持てないからだ。
めちゃくちゃ凄い技術は、めちゃくちゃな人間が開発する。
でもそんな奴らは大企業で働かないか、社内のイエス・マンに負けてしまうため、影響力がほとんどない
お金がたくさんあれば、もっとソフトウェアを速く書けるわけじゃない。
設備にも資金は必要ない。それらは今、すごく安上がりで済むからだ。
お金で買えるのは、販売員とマーケティングだ。
動物を檻から解放しても、しばらく檻が開いていることに気づかないってことを知ってるかい?
追い出すために、棒でつっつかなきゃいけないこともしょっちゅうだ。
似たことがブログで起きた。

2006年1月11日

残り福

18時で仕事をあがって残り恵比寿に行きました。

「今年もみんなが早く家に帰れますように」


お参りをする神社内は人混みと砂ぼこりがすごくて、
なんか体に悪そうでしたが、周りに屋台がかなり
でていて眺めて歩いているだけで楽しかったです。

屋台がばったもんのオンパレードで
一緒に行った人達と指をさしてわらっていました。
だんご三兄弟のぬいぐるみが欲しかったなー。

帰りは、メイド喫茶に言ってみたいという方の攻撃を
華麗にスルーしつつ帰ってきました。

人酔いしたみたいで、自宅に帰ってきたとたんに
コートを着たまま椅子に座って30分寝てしまった。
コートにシワが!

mixi

招待されたことがない、と話題に上るだけで涙で前が見えなかったmixiですが、
くびれのないお嬢様に招待していただけたので登録してみました。

感想は、インターネットに初めてサイトを持ったときのようなドキドキ感がありました。

以前に知り合いだった人達が日記を書いてるのをみて、
見たいような見たくないような、とても不安定な気持ちになりました。
関係を築きたかったら普段から私のほうから誠実に積極的に関わろうと
していただろうし、何をいまさらっていう感じが沸々と…。

マイナス思考度がアップしてる!

深呼吸してと…

どんな友達を登録しているかがその人をよく表しているような
システムですね。友達の友達はやはり気になるわけで。
ユーザインタフェースや機能に興味があったのですが、
思っていた以上に平凡な気がしました。
データベースに何を使用しているのかと、個人情報の項目は
なんの暗号化をかけているのか、あと運営に何人関わって
居るんだろうとかそこらへんが気になりました。

さて、涙を拭いて寝るか

2006年1月10日

ある職場の風景

職場で私の前にはかわいい女性(以下か)が座っているのですが、
よくガクガクさせられています。

か「月曜日にやっと部屋の大掃除がおわったんですよ」
私「へー、もう年明けてるし模様替えでもされていたんですか」
か「はい、模様替えしました。あと半年ぐらい掃除してなかったので」
私「えええええええ(ガクガク」
か「そ、掃除機とかは毎週ちゃんとかけてますよ!」
私「きれいになってよかったですね…」
か「はい、ダブルベッドの半分に服とか置いてしまっていて物置みたいになっていたのでさっぱりしました」
私「えええええええ(ガクガク」
か「ちゃ、ちゃんと洗った服ですよ!」

情熱は抜けないらしい

前を通るたびに人が並んでいるラーメン屋があって気になっていたのですが、
昨日やっと食べてきました。

感想は、かなりおいしかったです!

有名な店なのかなーとぐぐってみると、
そこそこ有名なようです。

私が感じた味の感想が、関西食べある記さんとまったく一緒でした。
(注文したのメニューも一緒)

いろいろと感じているわりには、それを言葉にしようとしたら
「おいしい」の一言になってしまう自分の語彙に
すこし悲しい気持ちになりました。


自宅から歩いて15分ぐらいのところにある店なので
散歩がてらに行くにはいい場所かも。
次は固めの麺のネギ多目にしよう。

2006年1月 9日

移転準備

このサイトを設置しているKTPlanからサービス終了のお知らせのメールが届きました。

仕事から帰ってきたばっかりなのになぜか俄然やる気がでて移転先探しを
はじめました。

移転先のポイントとしては以下のような感じで。
・転送量の多さで課金されない…Rhapsody of the Ragnarok Online.が20000/1日で転送量が多いため
・MySQLが使える…遊びたいため
・お手軽価格…貧しいため
・潰れなさそうなところ…移転が面倒なため

ということで、移転先候補を見つけました。
10日間ほど試用できるようなので試してみたいと思います。
ちょっと使ってみた感じは今よりも快適でした。

2006年1月 7日

49と51のせめぎあい

AM2:00、寝る前にメールをチェックする。
「プログラムのテスト結果」というタイトルのメールを何通も受信する。
メールが送信された時間を確認すると、つい先ほどの時間。
メールを出してきた顧客は明日は出張で納品のはずなのに
こんな時間に何をしているのだろうと切なくなる。


「全体を100としたら顧客を49、自社を51の立場で動きなさい」
以前に誰かから教えられた言葉でいまもを仕事をするうえで
大切にしている言葉です。


去年の10月に担当していたプログラムの全ての納品が終わり、
不具合もほぼなしで終えた仕事ですが、複数の会社で開発して
いた案件で他社開発部がお正月にやっと動き出した程度の質の為、
システム全体の質があまり高くありません。
ですが、明日が現地への納品です。

「こちらの納品分は問題ないためこれ以上は対応できません」
といった対応はできない。

「一緒に徹夜しましょう」
といった対応もできない。

どこまで協力するか、
そして協力したのが原因で他のプロジェクトが遅れるような
本末転倒なことにならないように、冷静に計算しながら
協力してきました。


私はあまり情には流されないのだけど、自分が寝る時間に
一生懸命働いている人のことを考えると、揺さぶられてしまって
目が冴えてしかたがないので文章ではき出してみました。


ということで、今週の土日は仕事をがんばってきます。
たぶん利益を考えない義の行為じゃなくて、次の受注への
アピールとか計算の行為なんです、きっと。

がんばる人達に幸あれ。

2006年1月 6日

行動にムラがある

今日は昨日の不思議事件を警戒して朝はてきぱきと用意したら、
職場に7時過ぎに着きました。

入口が開いておらず寒い中40分ほど外で本を読んで待ちました。


警戒しすぎた。

胸がもやもやします

「半兵衛」が難事件解決=事件分析システム「捜査の右腕」に-神奈川県警


どんなシステムなんだろう半兵衛。
とりあえず名前がいかしてます。

半兵衛システムの予想

インプット情報
・事件発生日時・場所
・発生店舗の規模

アウトプット情報
・予想される容疑者の年齢・性別・職種
・次に犯行が行われる可能性の高い日時・場所

今までの犯罪データに相関関係がある要素(年齢・職種)が
あれば計算式で実現できそう。

ゆくゆくはASIMOと合体して自立型にしてほしい。
そして自我にめざめるという涙あり笑いありのストーリ。

2006年1月 5日

亭主関白

今日は仕事初めということで、職場のみんなが新年の抱負を発表しました。

私が好きなOさんの抱負が面白かったので紹介します。

家でグッピーを飼っている。
繁殖させようと親用の水槽と子供用の水槽の二つで飼っている。
お正月休みで実家に帰省するため家をあけるのでエサを自動でやる
装置を嫁に買っていいか相談したところOKがでた。
ただ1個しか購入の許可がでなかった。
仕方がないので親用の水槽に装置をつけて、
子供のグッピーは親用の水槽に入れて家をあけた。
実家より帰ってきたら、子供のグッピーが親に食べられて5匹しか
残っていなかった。
嫁は「5匹も残っていてよかったね」と言っていた。
今年はエサやり装置が2つ買えるように亭主関白になります。

文章にしたら勢いがなくなった気が。

個人的には今日は朝6時半に起きたのに、
まばたきをしたら9時になっていたという
不思議事件が発生してドキドキでした。

2006年1月 4日

失礼のし納め

予定より早めに家族が帰ってきたので一緒にちゃんこ鍋を食べに行きました。
おいしかった!

家族には新年早々ずいぶん失礼してしまったので、
これを今年の失礼の最後として、今年はもう誰にも失礼しません。
ええ、きっと。

<失礼1>★★★★☆
父「メニューにはご飯はないな」
私「ここにあるけど?」
妹「どこみてるんだろうね」
私「仕事とかでミス多そうだね」

<失礼2>★★★★☆
妹「手だけ細くて下半身がやせないんだよね」
私「そんなことないんじゃない?」
妹「そうかな?」
私「なんか顔がこけてきてるよ」

<失礼3>★★★★★
私「お風呂の入浴剤になんかいれた?」
妹「いれたよ?」
私「ニオイもしないからヨゴレかと思ったよ」
妹「な!?」
(妹が先に入った

あぁ…冗談で収まってないな。
親しき仲にも礼儀ありの言葉を胸に。

いつも心に音楽を

PCの起動中はたいてい音楽を聴いているので、MP3プレイヤーには
そこそここだわりがあります。

いままでwyvernを6年間ほど使い続けていましたがfoobar2000
変更しました。

wyvernと比べて良いと思ったところ

・HDDに物理アクセスが発生しても音が切れない(wyvernは切れていた)
・Playlist switcherのUIが良い(プレイヤーリストを簡単に切り替えられる)
・ID3v2 tagに対応している(タイトルが化けない)
・TTAとAPEの再生に対応している


foobar2000のスクリーンショット

wyvernのスクリーンショット


wyvernに感謝(別にアンインストールはしないけれど

2006年1月 3日

ユーザビリティの改善



ブログのユーザビリティ:デザインの間違いトップ 10の記事が面白かったので

参考にしてこのブログも改善してみます。



1. 著者紹介の欠落

 →なかったので追加しました。→about me



2. 著者写真の欠落

 →私も見られた方も食欲が落ちると思われるので追加しません。



3. 不明確な記事タイトル

 →最近は1人にしかわからないようなネタ振りはしないようになりました。



4. リンク先が記述と異なる

 →以前から注意している点なので大丈夫そうです。



5. 過去の名作を埋もれさせてしまう

 →1997年からの記事がテキストでありますが移植が面倒です。

  あと名作がありません。



6. カレンダーだけが唯一のナビゲーション

 →Monthly Archivesがまだ使えるかな。

  いまのこのブログの記事はどうカテゴライズしたらよいのか思いつかないので、

  しばらくカテゴリーはなしのままです。



7. イレギュラーな更新頻度

 →なるべく1日1回を目指しています。たまに面白ければ良いというスタンスです。



8. 話題の多様性

 →話題が拡散しています。日記なので私の生活という意味ではひとつの話題。

  特化した話題について扱いたい場合は新しいサイトを立ち上げます。

  ただ特化した話題のサイトは去年にほとんど閉鎖しました。



9. 将来の上司が読むことを考えていない

 →飾りすぎるので、飾らないで勝負できるようにしたいと思います。

  将来の自分が納得できるものであればいいのではないかな。



10. ブログサービスのドメイン名を使っている

 →費用・手間を考えて今はレンタルサーバで十分です。

ゴロゴロとお休みを過ごす

寝ころんだ姿勢ではゲームはできるけど、仕事はできない。

集中力の問題以外にも思考・嗜好(人格?)が変わっている気がします。
寝ている私は怠惰でダメな私です。そしてこれはダメな私が書いています。
お酒がはいってそうな文章ですが、素です。

2006年1月 2日

新年のあいさつ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


普段の挨拶にはうるさいクセに季節の挨拶やら
そんなのは適当にすませてしまっているので、
きちんと挨拶をしてみようと思いました。

今年もがんばりましょー