2005年12月アーカイブ

2005年12月31日

よかったこと探しとがんばること探し



今年よかったこと


  • 大きく体調を崩すこともなく一年を過ごせたこと。

  • いろんな方と出会えたこと。

  • 沢山の本が読めたこと。

  • 結城さんの考え方にふれたこと。

  • ネットワークゲームの傭兵ギルドに所属して遊べたこと。

  • 仕事で担当した全てのプロジェクトで良い結果が残せたこと。

  • Java、EJB、JSP、ASP.netがあまり知らないプログラム言語から、使えるプログラム言語に変わったこと。




来年がんばること


  • 英語力をあげる(Webサイトをすらすら読めるくらいには)

  • サッカー観戦にたくさんいく。

  • フットサルしたい。

  • 料理のレパートリーを増やす。

  • 形になる資格を取る。

  • 貪欲と謙虚を忘れない。

  • もう少し人らしく生きたいな。






よいお年を

実家のメリット

正月休みということで、実家に帰ってきています。

実家はケーブルテレビを観ることができます。
昨日はベルセルク1話~12話をみました。
今日は13話~24話だ。

あと自宅の炊飯器はご飯を炊くのに2時間は
かかるのですが、実家の炊飯器は15分ほどで炊けます。

実家のメリットを考えてみましたが、上記二点だけでした。
家族がいれば上げ膳据え膳なのですが…(1/5まで全員不在

2005年12月28日

仕事納めと忘年会でした

今日は仕事納めと忘年会でした。

朝は打合せに参加するために自宅から直接京都へ。
電車が20分遅れた為10分遅刻する。出だしから絶好調。

参加しなかったら作業が増えるリスクが発生しそうだったので
予定外だったけれど出席したのだけど、なぜか私がメインで進行
していた。そこそこリスクをコントロールできてよかった。

打合せが終わって帰る間際に別件の担当者に声をかけられる。
あからさまにお昼を一緒に食べましょうとかじゃない展開だ。

どうしても作って欲しいDBのスクリプトがあるらしい。
エサをねだるような猫の目で私を見ないでください。
「大晦日にこれがないと悲しいことになるんです。」
(その方はお正月休みも全部出勤の大変な模様)
と切ないことを言われていたので出来る限りやってみますと
返答して京都を後にする。

帰社してから溜まっていたメールに返信。
DHTMLを調査しながら色々出来るんだなと感心。

今日の作業として予定していた調査や開発を人に依頼して、
頼まれたDBスクリプトの作成に着手。

周りが大掃除をする中、もりもり開発。
掃除しないヤツとひんしゅくをかっていそう。
悲しい。

DBスクリプトは何とか完成してメールで送信。


職場全体の忘年会に行く。
普段話せない人と話せる機会として良かった。


--
時系列に日記調に書いてみました。
要約すると普段通りの日常でした。

2005年12月27日

伝えることの難しさ

大きな不具合があったので仕様をプログラマに説明して
修正を依頼しました。

さっそく直ってきたので、そのプログラムの動作確認を
別のプログラマに依頼しました。
そして修正はできてそうとの報告を受けました。

なんとなく気になって修正ソースをみてみると直っていませんでした。
わかりやすく例えるなら、水道管から水が漏れているので止めてくだ
さいと頼んだら、ビニールテープは用意されていたけれど、水道管に
はまかれていなくて、まだ水が漏れている状態でした。

そういうわけで、二人のプログラマにもう一度仕様を説明しました。
でもやっぱりいまひとつ伝わっていない。

最終的に実際のソースコードを前に説明してやっと伝わりました。

二人ともとても信頼しているプログラマなのだけど、
ときどき話が全然伝わらないときがあります。
そんなときは何でこんなことが?
と不思議で仕方がないのだけど、
きっと私の説明がわかりにくいんだろうな。

『あー、伝えるのはとても難しいな!』と激しく感じました。
私の説明でぱっと思いつく欠点は、
・早口(滑舌も自信がないなぁ
・わかりましたか?と直接的な表現で確認する(最低;高圧;
・伝わっていないと伝えようと力んで声が大きくなる(怖い;
・倒置法を普通に会話で使うので趣旨が見えにくくなる(わー

なんか書いているだけで落ち込んできました(笑


今日は隣の席の中国人に
「明日、私は直行で朝はいないので、朝礼の進行当番はあなたですよ」
と伝えたのだけど、
「明日! …… 朝礼!」
と反応がかえってきた。

伝わったのかな(笑


自分の感情や感謝の気持ちを伝えるのも難しいですね。
日々精進でしょうか。

今日は朝の電車が空いていた

終電に乗り遅れそうになりながら帰ってきました。
今日は打合せが3本の合計7時間ほどありかなり疲れました。
3本とも契約が決まったのでそれはそれで喜ばしいのですが、
納期が厳しいのでメンバには無理をさせそうであまり良くなさそう。
定時で帰って好きなことをしてもらいたいし。

終電の電車は酔っぱらいのサラリーマンや、異様に大きいぬいぐるみを
抱えた(たぶんビンゴとかで当たったと思われる)女子大生風の人とか
が目に付きました。

もう年末かー。
正月休みまであと二日しかないなんて少なすぎる。

2005年12月25日

休日の過ごし方

 


  • 06時頃:悪夢で目覚める。出だしから快調。布袋寅泰似の悪魔がでていた気がする。

  • 07時頃:朝ご飯に肉まんを二つ食べる。
    パッケージに書かれていた通りの時間レンジで暖めたのに中身が凍っていた。

  • 08時頃:MovableTypeのテンプレートをいじる。
    バージョンアップで仕様が変更されたときの追従が大変そう。

  • 10時頃:仕事を進める。昨日は3日間かかると予想していた仕事が1日で片づいた。
    ただこれくらいのアドバンテージでは来年2月頃に予想される修羅場の解消にはまだまだ足りない。

  • 12時頃:昼ご飯に雑煮を作る。餅を沸騰させた水で柔らかくしたのだけれどあまり食感が良くなかった。
    今度は焼いてみよう。

  • 13時頃:おフロに入る。ついでに読書。遠くからサッカーの応援が聞こえてくる。
    今日はセレッソとガンバの天皇杯の試合があったんだった。観に行けば良かったと後悔。

  • 14時頃:久しぶりにROで遊ぶ。ウルドにキャラを作る。BOTがいない。衝撃だ。
    アコライトがLv14まで育った。超弱い。

  • 16時頃:めずらしく許せないと感じたことがあったので怒りました。相手に怒ったのではなく相手がした行為に怒りました。
    以前の私ならここで終わりでしたが、おそらく理解してもらえないと思ってなぜ怒ったのかを説明をしました。

  • 17時頃:おフロに入る。ついでに読書。温泉宿に住みたい。

  • 18時頃:夜ご飯に焼きそばを作る。換気扇を付けるのを忘れていた。
    リビングの空気が油っぽくて息苦しい。

  • 19時頃:ROで遊ぶ。みんな自分のペースで遊んでいるなぁとまったりしました。

  • 21時頃:おフロに入る。ついでに読書。

  • 23時頃:仕事を進める。

  • 00時頃:眠くなってきた

2005年12月24日

籠の中の鳥はいついつ出やる

勉強&趣味の為にJSPのプログラムを書き書き

Webページより可変の行の入力を処理したいときに
どう処理したらいいのか試していました。

可変な行というのはWebショッピングにある買い物カゴみたいに
買いものをした内容によって買えば買うほど行が増える
・雑誌   1冊
・雑誌   1冊
・コミック 1冊
こんな感じの画面のことです。

◆最初に思いついた方法
 1.処理時にJavaScriptで複数行を1行に結合して送信。※例)雑誌,1<>雑誌,1<>コミック,1<>
 2.受信した箇所で分解して処理

// 複数商品の入力内容を一行に結合する(JavaScript)

function SetText()
{
   document.form.setText.value = "";
   var str;
   for(var i=1; i<<%= inputLine %>+1; i++){
      var itemNameX = eval("document.form.itemName" + i);
      var itemCountX = eval("document.form.itemCount" + i);
      itemNameX.value = itemNameX.value.replace("\t","");
      itemNameX.value = itemNameX.value.replace(";","");
      itemCountX.value = itemCountX.value.replace("\t","");
      itemCountX.value = itemCountX.value.replace(";","");
      document.form.setText.value = document.form.setText.value + itemNameX.value + ";" + itemCountX.value + ";" + "\t";
   }
}

// 結合された入力内容を分解してArrayListにセットする(Java)

String inputSetText = request.getParameter("SetText");
ArrayList infoList = new ArrayList();

int splitPs = 0;
int splitPe = 0;

for(int i=0; i <inputLine; i++){
   String[] info = new String[2];
   for(int y=0; y <2; y++){
      splitPs = splitPe;
      splitPe = inputSetText.indexOf(";",splitPs);
      if(splitPs + 1 < splitPe){
         info[y] = inputSetText.substring(splitPs,splitPe);
         splitPe++;
      }else{
         info[y] = "";
      }
   }
   infoList.add(info);
   splitPe = inputSetText.indexOf("\t",splitPe);
   splitPe++;
}

◆次に思いついた方法
 1.受信した箇所でパラメータ名を変数にして処理

// 画面の入力内容をArrayListにセットする(Java)

ArrayList infoList = new ArrayList();

for(int i=1; i <inputLine + 1; i++){
   String[] info = new String[2];
   info[0] = request.getParameter("itemName" + i);
   info[1] = request.getParameter("itemCount" + i);
   infoList.add(info);
}

後者のほうがシンプルでだんぜん良さそうだ。

JSPの知識が低いのでやりたいことがなかなかできませんが、
意図通り動くがどうか試行錯誤するのも楽しいし、思い通りに動いた
時の楽しさはゼルダの謎を解いた時のピロリロリロリンという音を
聞いたときのような爽快感です。
だんだんと把握していく過程はとても面白いですね。

2005年12月23日

テレビにガクガクする

神の手を持つと称される脳外科医の福島孝徳さんが好きで、
テレビで特集番組があるときはよくチェックしています。
その奇跡のような手さばきと10時間以上も耐えぬ集中力に
感動するのはもちろん、考え方や生き方がかっこよすぎるのです。

そして今日も天才医師といった特集番組で福島さんが出演
されていたので嬉々と見ていました。
福島さんの特集は終わって他の医師の紹介もやっていて、
私は別のことをしながらテレビはつけていたのですが、
ふとテレビに目を向けたら、切断された手がうつっていました。
ナレーションからは「これが実際に現場で撮影されたビデオです」
とかやってるし。

こういうのはかなり苦手でぎゃーと目をそらして、
テレビを切ろうとリモコンを探していたら
「これが足に手を移植した写真です」とか。
テレビをみたら足から手が生えてた。

夢で見そうだ…。

(感染症で壊死しかけた手に血を通すために一時的に足に
 切断された手を移植して、感染症が収まってからもういちど
 手を元の場所に移植した世界初の手法らしいです

リアルなブラックジャックの世界だけど生の映像は衝撃がきつすぎる…

見た目が大切

帰宅してフロを湧かしている最中に寝てしまう。(PM:23:00)
テレビのうるささで目が覚めておもむろに仕事のメールを受信してみたら
帰社時から10通増えていたので返信が必要な4通にたんたんと返信(AM:3:00)
協力会社の方々、AM9:00~AM4:00の時間帯が労働時間になっている気がする(大丈夫かいな


PCを起動している時はたいていEclipseを起動しています。
その中のデバッグするアイコンが可愛くて仕方がないです。
これ↓
ico_debug.gif

2005年12月21日

悪いクセ

るいさんが私が紹介した本を買ってくれたみたいです。
まだほとんど読んでないのに「好きそう」とブログで豪語している、いつもながらの
好青年ぶりに笑みがこぼれました。

本を人に紹介することは下品なことなのではないかと思いつつ、
いつも自分が面白いと感じた本はついつい人に紹介してしまいます。
私は人から勧めてもらった本はたいてい読んでみるほうで、紹介して
もらって良かったと思うことが多いので、私もついつい紹介してしま
うのですが、きっと周りにとっては良い迷惑でしょう。

この前、後輩が「ステップファーザーステップよかったです!」と喜んでいました。
「宮部みゆきが好きならこの本はぜったい読むといいよー」と嬉しそうに
紹介した自分のことは良く覚えていて思い出すと赤面する。


そしてるいさん、こんばんは(リファラーでくるとみている。
せっかくなので今日のフロ読書は「長い腕」で。

悪いクセってときどき聞きますが、良いクセってあるのな。
頭痛が痛いと同じ用法?

XPエクストリーム・プログラミング入門

マスタリングTCP/IP 応用編

XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法

  • 作者: Kent Beck (原著), 長瀬 嘉秀 (翻訳), 飯塚 麻理香 (翻訳), 永田 渉 (翻訳)
  • 出版社: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/12

エクストリーム・プログラミングといえばペアプログラミング、
ペアプログラミングといえばエクストリーム・プログラミング(たぶん世間の認識

ペアプログラミングとは言葉のままの意味で、
二人のプログラマがペアになって片方がコーディング、
片方がそれを見てレビュしながらプログラミングをする手法です。
二人で一人分の仕事しかできないのではないかというのが、
この手法の効果が疑われている部分ですが、

・細かいプログラミング設計(モジュール設計)
・プログラミング
・プログラムのテストシート作成
・プログラムのテスト

といった工程をすべてプログラミングの工程に内包させることで効率をあげる、
ユーザの要求の変化に対応する手法だというように本からは読めたので、
いまの現場に導入できる可能性はあると思いました。
ただ私のいまの働いている職場はプログラマが全員男性なので導入しないこと
にしました。ばかやろー。

2005年12月20日

そういうところがキライ

親を亡くされて実家に帰った友に年賀状を送るといって住所を聞く。
→ありえないほど気が回っていない

協力会社があまりに頼りなくて横柄な口調で電話する。
→失礼な上に下品。部下に対してもすごい悪い見本

忙しいのが原因でピリピリする。
→周りの雰囲気が悪くなるし非生産的

意図せぬ事が10個くらいつづくとどんどんネジがゆるんでくるのが
わかる。自分のコントロールが大ざっぱになる。気をつけよう…


今日も一日ありがとうございました
(特に祈る相手はいないのでこれを読んでくれている方に対して

ラーズグリーズの悪魔

『歴史が大きくかわるとき
ラーズグリーズは その姿を現す
はじめには 漆黒の悪魔として
悪魔は その力をもって 大地に死を降り注ぎ

やがて死ぬ
しばしの眠りのあと

ラーズグリーズは再び現れる』

Ajax:古くて新しいアーキテクチャ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051104/224040/
の記事を読んでAjaxについて考える。


GoogleMapsをはじめて使った時「なにこれ!」と衝撃を受けました。
目的もなく操作しているだけで楽しい・気持ちのよいインタフェースでした。
Flashの新しい技術?Webアプリの新しいコンポーネントだろうか?
と思って開いてみたソースの中身は、すでに古い技術のDHTMLとJavaScript。

やっぱり新しい技術を使って何ができるかではなく、
やりたいことを一番シンプルに表現できるものはどの技術なのがが
重要なのだと思いました。

JavaScriptのイメージはかなり悪く
(不要なポップアップであったり、どうでもいい装飾であったり)
常にブラウザの設定でOFFの状態の厄介者でしたが、
今のインタフェースの悪いWebアプリの救世主として復活するような
感じです。


ゲーム会社の進んでいる方向とか大丈夫なんだろうかと、
あまり関係ない立ち位置ながら心配しております。

2005年12月19日

おぼれずおごらず

今日、ボーナスをいただきました。
いただいた金額は予想していた以上の金額でした。

自分の性格的に、人からの評価は気にしても
メリットが少なくデメリットが多い為、あまり気にしにないように
心がけているのですが(これ自体がすでに気にしているともいう)
それなりに評価されていることは嬉しいことです。

誰かからの評価を期待するのではなく
自分が正しいと信じることを勇気をもってきっちりとする人に
あこがれるのだけど…
(村上春樹の小説「神の子どもたちはみな踊る」に出てくるカエルくんのような!)

2005年12月18日

3DESからはじまる愛

マスタリングTCP/IP 応用編

DBマガジン 2006/01

  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 雑誌
面白かった記事、参考になった記事

・P052:Oracle10gR1に比べて59%の性能向上を達成したR2
・P053:RAC
・P053:SQLチューニングアドバイザ
・P076:TDEの性能向上
・P150:Firebird

いま仕事でOracle10gR1を使っているのでR2の性能向上はどんなものか
試してみたい。あと暗号化も仕事の案件で調査してやっとわかってきたので
そこら辺のR2での機能アップに興味があります。

Oracleは細かい設定をしたらすごいパフォーマンスを発揮するけど
初期状態では使いものにならないといったマニア向けDBだったのに、
10gから初心者でも初期インストールの状態でもそこそこのパフォーマンスが
でるようになったのが非常に良くなったと思う。
というか当たり前の方向性だと思うのだけど。

データベースは技術者の層がプログラムよりも薄い感じで、そこそこ大きい
プロジェクトに参加しても私が一番知識があることが多いです。そんなわけで、
本来知っておくべきことを私が知らないとそのプロジェクトが良くない方向に
進んだりするので、そのプレッシャーから地道に勉強することにしました。
(プロ意識低いな、おい

あと、タイトルは適当です。

ナ・バ・テア

ナ・バ・テア―None But Air

ナ・バ・テア―None But Air

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/10
愛するために生まれてきたのではない。
愛されるために生まれてきたのでもない。
ただ、軽く……、
飛ぶために、生まれてきたのだ。

フロで読了。
フロに入る時は暇つぶしにいつも本をお供に入っています。
だいたい1時間ぐらい読んでいます。
集中力は全然ない状態だと思うので何回か既に読み終えた本が良い感じ。

この本を読んでいるとなんとなく自分が生きている理由について
考える。そんな大げさに考えるのではなく軽い感じで思いを馳せると
いった方があっているかな。

結局いつもだいたい結論は「暇つぶし」

世界クラブ選手権決勝

リバプール対サンパウロ

常に集中力切らさなかったサンパウロに乾杯。
さすがのジェラードも準決勝のような神がかった切れ味はありませんでした。
(それでもすごすぎだけど

チームも一流なら、審判も一流、ピッチも一流と良い大会でした。
サッカー熱が高まるとなぜかサッカークラブを作ろうをやりたくなる…
次作サカつくはヨーロッパが舞台ですよ。ドキワクですよ。

2005年12月17日

テレビ三昧

◇ブラックジャックOVA、カルテ6~カルテ10

せんせい、かっこよすぎです(特に声が)
夜の0時から朝の5時まで呼吸を忘れるほどに(やや大げさな表現)
見入ってました。


◇サプリサ対リバプール

「うっそー」、「わー」、「おぉ」そんな言葉ばかりが口からもれる。
フリーでボールを持ったときのパスやシュートの精度がすごい。
トラップからパスへの流れるような動きをみているだけでドキドキ。
日曜日の決勝が楽しみ。

2005年12月16日

予定通り進まない日

予定していた朝からの打合せは、スムースに進めるために
前準備をかなりしていたので予定通り2時間で終了。

帰ろうとしていたら別の人に引き留められて予定外の打合せが発生し
5時間打合せ。内容的には2時間で終わらすべき内容だったので
相手のペースに合わせすぎたかな。

ありがたいことに仕事の依頼を新しくいただけたので、
そこそこ予定が詰まっている状態でどうやって作業を回していくかが
悩みどころ。


<今日のひとこま>

私「○○くん、今週の土日の出張予定、来週にのびたよ」
○○「え!?」
私「あれ、来週ってクリスマスイブとクリスマスだっけ」
○○「はい…」
私「お客さんとホワイトクリスマスだね(笑」
○○「ははは…」

結局、さらに来年まで予定が延びました。○○くんセーフ。
でも私もさすがにクリスマスに出張に行ってもらうのは
心苦しかったのでかなりホッとしました。

2005年12月15日

ヨルダ型ASIMO

ASIMOのサイトを夢中で見る。

走行機能の向上:http://www.honda.co.jp/ASIMO/newmodel/05/index.html

ASIMOの動きがかわいい。
バスに乗り遅れそうで必死で走っているおばちゃんなみのリアルな動きです。

二足歩行に適した動きを追求すると人の動作と似るのか、
それとも人の動作のまねをすると二足歩行に適した動きになるのか、
どちらなのだろうか。


コミュニケーション能力の向上:http://www.honda.co.jp/ASIMO/newmodel/02/index.html

なんなんだこの心がとろけそうな機械は

2005年12月14日

初心

今日はひさしぶりにJSPのコーディングをしました。
最近はEJBやSQLだったりと内部のコーディングが多かったので
ひさしぶりのユーザインタフェースを作成するコーディングです。

環境(Eclipse+Jboss)を立ち上げてローカル環境で画面が
起動するだけで楽しく、自分が意図した動作をしたときの
楽しさを久しぶりに味わいました。

はじめてサイトをサーバにアップロードしてブラウザで見たときの
楽しさのような(すごい前だけれどいまだに覚えている)
とてもウキウキした気持ち。

やっぱりコーディングは楽しいな。

困った人をどう見ないようにするか

最近、夜の21時くらいになると毎日誰かから電話が掛かってきています。

お客さん「どうしてもこの作業を明日の夜までにやってほしいのですが…」

前の会社の元上司「伝票がでないトラブルがあって、できる対応方法って何があるだろう」

鳴らない電話も寂しいですが、鳴る電話でもこのラインナップはかなり寂しい。

二言返事で協力するほど人情があるわけでもなく、完全に断るビジネスライクな
返答もできないので、対応にかかる時間や費用、今後の取引への利害を頭で考え
ながら返答しているけれど、普段からお互い協力して助けあっていた人やお世話に
なった人がかなり困った上で、こちらに助けを求めて来ているのでとても断りにくい。

ただ私が徹夜したらなんとかなりそう、とか自己犠牲で穴埋めしようという発想は
まったくでてこないところだけは自分でも良いところだと思う。

# その場しのぎ的な対応での品質的なリスク、
# 現在担当している仕事への影響がでるリスクを考えると


一息ついてご飯を食べていたらまた電話が!
話しながらPCに内容をタイプしたメモを見直したらとても切ない気持ちになった。

↓メモ
「追加テーブルの用途:拘束化」

2005年12月13日

MovableTypeインストール時にはまった点

MovableTypeインストール時に動作しなくて2時間程試行錯誤して
いたのですが、原因は単純なことでした。

サーバにファイルをアップロードしているツールの設定が、
「ファイル名を全て小文字に転送」の設定になっていたので
「MT」と転送されるべきファイル名が、「mt」というファイル名に
なっていたのが原因で動作していませんでした。

WindowsではMTとmtは同じファイルとして認識して、
UnixだとMTとmtは違うファイルとして認識する。
ありがちすぎるのです原因なのですがわかってよかったよかった。

単純すぎて見えないものって多いです。

どの道具をつかってログを残すか

<今まで使ってみての感想>
○:いい
△:そこそこ
×:だめ

1.紙/テキスト
○継続性
×公開性
×拡張性

2.既存サービスの利用(livedoorやはてな)
○継続性
○公開性
△拡張性

3.自前(htmlや管理スクリプト作成)/既存サービスをインストールして利用
 (MovableTypeやtDiary)
△継続性
○公開性
○拡張性

<いままでの変遷>
1990.01~1997.06……1.
1997.07~2004.01……3.
2004.08~2005.10……1.と2.

これから2.に一本化するか3.に一本化するかを迷っていました。
もし同じように迷っている人がアドバイスを求めてきたとしたら
「道具を考えるよりもまず使って不便なら変更すればいいだけのことで、
 いろいろ試してみれば?」
とアドバイスするであろうことに気づいて、
いったい何を迷っているのだろうかと不思議に思った。

そんなわけでとりあえずMovableTypeを利用することにしました。

about me

このサイトについて
 連絡先 mail.png
 話題 生活・仕事・プログラム・ゲームの話題が多いです。
 更新頻度 1日~7日の間隔
 志 誰の為でもなく ただひたすら 咲いて 咲いて

書いている人について
 ハンドル yuki
 仕事 データベースを使用したシステムを構築する仕事が多いです
 趣味 本・プログラム・音楽・スポーツを読んだり、聞いたり、作ったり、観たり、書いたり
 運営サイト